パラリンピック開催でIOCバッハ会長来日へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

24日に行われる東京パラリンピックの開会式に出席するため、IOC(=国際オリンピック委員会)のバッハ会長がさきほど来日しました。IOCのバッハ会長は、24日に国立競技場で行われるパラリンピックの開会式に出席するため、23日午前8時前に羽田空港に到着しました。そしてさきほど宿泊先の都内のホテルに入りました。バッハ会長は、オリンピック閉幕後に銀座を散策し批判の声があがっていましたが、今回は開会式の会場やホテルなど限られた場所にしか行かない条件で、政府の特例措置により隔離を免除されています。組織委員会の武藤事務総長によると、訪問先を限定した行動計画書が出されていて、国際パラリンピック委員会の招待者のひとりとして「プレイブックに従い行動していただけるだろう」としています。

続きを読む








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加