ワクチン接種後の死亡を高知県で確認、全国で12人目に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 高知県は20日、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた70歳代男性が死亡したと発表した。ワクチン接種後の死亡の報告は県内で12人目。男性は7月上旬にファイザー製ワクチンの1回目の接種を受け、7月下旬に亡くなったという。
 県は同日、ワクチン接種後の死亡については今後、月ごとにまとめて公表する方針を明らかにした。

続きを読む

アストラゼネカ製の接種も進められてきてるが、

ファイザー社やモデルナ社製のワクチンと比べ、あまり評判の良くないアストラゼネカ社製の新型コロナワクチンも接種が開始された日本では現状の新規感染者数を下げるためにワクチン接種率を上げる試みが行われている。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加