国策は「酸素ステーション 」?これ以上対応策が出ない政府に批判続出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 自宅療養中だった新型コロナウイルス感染症の患者が死亡するケースが相次ぎ報じられている。千葉県柏市で、感染して自宅療養中だった妊婦(30代)の救急搬送先が見つからず自宅で早産、その後、赤ちゃんの死亡が確認された問題は、日本中に衝撃が広がっている。
 まず、現下の感染状況について神奈川県医療危機対策総括官の阿南英明医師は「やっぱりデルタ株は今までと比べ物にならない。去年からのウイルス、今年のお正月まで戦ってきたウイルスとは別物だと思ってほしい」と話す。
 「この1年半で、医療は加速度的に対応力を増してきた。年末年始のいわゆる第3波もものすごく苦しかったが、医療というのは病院がゴールなので、様々な政策を展開し、患者さんが倍くらい出ても何とか耐えられるようにと、体制を作ってきた。自宅・宿泊療養の方のところにも、地域の医師会の先生方、あるいは訪問看護ステーションを入れて手厚く診るということもやっているし、その間に位置する酸素ステーションによって、病院に行く手前のところも手厚くしていく。そのようにして、患者さんを悪化させないようにしてきた。しかし、今の患者さんの増加の勢いは、それを超えて際限なく増えている。これは相当きつい。
 新生児死亡のニュースは非常に辛く、苦しい。医療は分野ごとに特性があるので、小児や産婦人科といった領域についても別のパターンの仕組み、受け皿を作って走らせるということを一応はやっている。しかし、もともとは患者さんが増えてきたら社会経済活動の抑制をし、山をピークアウトさせるというのが戦略だったのが、感染性がものすごく強くなってしまったために、緊急事態宣言の発出地域をどんどん増やしても患者さんが減っていかない。やはりこれまでのやり方では患者さんを減らす方向にはいかないんだ、これでは太刀打ちできない、支えきれないと、現場の皆が肌感をもって感じているという構図だ。

続きを読む

ネットの声は?

一時的に酸素を吸うことって意味あるの? 吸入が終わったら、また苦しくなるのではないか? 陽性者を連れてくる負担は?

荏原病院に作るってテレビでやってましたけど、それは入院とはなにが違うのでしょうか。勝手に酸素吸って寝ててねということなのか?

酸素濃縮機が本当に厳しくなってきてるので、少なくとも、酸素難民=低酸素死を回避するための、文字通りの避難所と理解しています。患者は施設専用車で移送、都度消毒はしない、そんな感じにするしかないですね。

なるほど…ですが、ベッド数に追いつかなさそうですね。効果が??な政策ですね。

本来ならば入院して酸素療法を受けるべき人が入院出来ないので仕方なく応急処置で酸素だけでも吸える施設を作るしかない、それくらい切羽詰まっている状況ということだと思います。肺炎の程度によっては酸素2L吸って日数経過したら改善に向かう人もいます。ダメな人はそこから入院します。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加