原付の出荷台数は40年で「10分の1以下」に、手軽な「原チャリ」消えてしまうのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2021年現在、コロナ禍の影響で「バイクを移動手段に」という理由からバイクの売り上げが伸びています。しかし、その恩恵に預かっていない車種が、50cc以下の原付一種、いわゆる「原チャリ」です。

 コロナ以前、バイクは売れないといわれてきましたが、日本自動車工業会によると、51cc以上のバイクの売り上げは、実はここ10年間で横ばいです。しかし原チャリは、2010(平成22)の23万1247台から、2019年には13万2086台まで減少しています。およそ40年前、1980(昭和55)年の197万8426万台と比較すると、その数は10分の1以下にまでなっているのです。

 原チャリといえば、普通免許でも乗れて燃費も抜群、デリバリーなどの仕事用としても多く活躍しているなど、日常生活と密接に結びついている存在です。しかし、大手バイクメーカーはラインアップをどんどん縮小させており、今後も売り上げが減っていけば、近い将来、原チャリがなくなってしまうこともあり得るでしょう。

 2021年現在、大手バイクメーカーの原チャリのラインアップはどうなっているのでしょうか。ラインアップの縮小により、昔では考えられないようなことも起こっています。

ヤマハの人気モデルに「HONDA」の刻印?
ヤマハ「E-ビーノ」(画像:ヤマハ発動機)。

 以下、メーカーの出荷台数順にバイク大手の原チャリのラインアップを注目車種とともに見ていきます(電動モデル含む、競技用モデル除く)。

●第1位:ホンダ

 ホンダの原チャリは「スーパーカブ」シリーズのほか、スクーターには「ジョルノ」「タクト」、ビジネス向けの「ベンリィ」シリーズ、3輪の「ジャイロ」シリーズがあり、計13車種をラインアップ。これは4大メーカーの中で最も多い数です。

 なかでも、ひときわ個性的なフォルムなのが「ジョルノ」です。誕生したのは1992(平成4)年のこと。「丸くてかわいい」というテーマのもと、若い人をターゲットに開発されました。

 発売当時の2ストロークから現在は4ストロークに変更されるなどスペックは変わりましたが、独特な可愛らしい丸みを帯びたボディは健在。さらに最近ではスマートフォンを充電できるホルダーが標準装備されているなどしています。

●第2位:ヤマハ発動機

 ヤマハの原チャリは、「ビーノ」「ジョグ」「ギア」、そして電動モデル「E-ビーノ」の計4車種です。

 ヤマハの原チャリの中で最も有名なものといえば「ジョグ」シリーズではないでしょうか。1983(昭和58)年から38年間、日本メーカーの中で最も長く販売されている原付スクーターです。ただ、「ジョグ」シリーズは2018年発売のものから、ホンダと共同で製造されており、「ジョグ」のエンジンには実は「HONDA」のロゴが刻印されています。

 これは、ホンダとの「原付一種における協業」の一環。かつて「HY戦争」と呼ばれるほど、ライバルとしてしのぎを削った両社が、原チャリの縮小を受け、手と手を取り合ったのです。ちなみに「ビーノ」は近年、アニメ『ゆるキャン』の主人公が乗ることで話題になりましたが、これも現在はホンダ「ジョルノ」がベースになっています。

続きを見る

・そもそも燃費のいい原付まで一律排ガス規制する必要があるのか?

仮に一人でリッター20キロ走るハイブリッド車に乗って移動しているなら、リッター30キロ走る原付の方がいいのでは?

車も車重で段階的に燃費基準緩めたりするからあえて車重重くして緩い燃費基準の方で基準クリアーして燃費悪くなってもエコカー減税とか本末転倒なことになる。

私は二輪乗っているので原付が無くなってもどうでもいいけど、普通車メインの人が原付と併用すれば多少排ガスも減っていいのでは?

そのためには原付ラインナップはある程度必要。
だからメーカーがやる気をなくす規制は不要。

・排ガス規制のせいでまともに動く50ccなんて作れないもんね。3.2馬力って・・・。新車の原付買うより30年前のNSR50R買う方がどれだけ素晴らしい性能を手に入れられるのかっていう・・・。

・原付は時速30km制限と二段階右折がネック。田舎の農道で乗るなら最適なんだけど、都市部だとデメリットをかんじるんだよね

・原付の30キロ規制がそもそも時代に合っていません。30キロで道路を走れば、後ろからプレッシャーをかけられてしまいます。
海外では125ccのスクータが主力です。
販売価格は15万円くらいから買えて
日本の原付と同じです。
日本も125でも駅の駐輪場に止めれるようにすれば、メーカーも125で統一できるので
コストメリットが出ると思います。

・原付の制限速度30キロって、今どきアホかと思う。せめて制限速度50キロにしないと、原付は消えるでしょうね。

原付も車も利用していたが、30キロで走っている原付とか交通渋滞のもとだし、何より車から見ると速度が違いすぎて危険極まりない。

原付に乗っていると気付かないけど、制限速度を守る方が危険な運転になるとか本末転倒です。

・現行のタクト持ってる。スクーター1台あると人をダメにするレベルで超絶便利。近所のコンビニ、スーパーやちょっとした市内の用事には車より気軽に乗れる。自転車置き場で良いから駐車スペースも気にしなくて良いし。
ガソリンもいつ入れたか分からなくなるほど燃費が良い。
規制でパワーが無い何て言う人もいるけど実際には十分走る。
唯一の難点はアホな車に無理な追い越しや幅寄せをされること。

・エンジン式の原付きは125cc相当に一本化してクルマのオマケも廃止、きちんと教習と試験を受けてから乗るようにすれば良いと思います(本当に命が大事だとするならば)

そうなればメーカーもコストの集中が出来て魅力的な125ccを出してくる事請け合いです








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加