高円寺阿波踊り強行開催「マスクNG 」のルールに「危険すぎる」との声続出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 週末の夜。駅前には流行(?)の“路上飲み”が目立つ。渋谷との違いは、若者ばかりでなくさまざまな年齢層がいる点。都内でも有数の“飲んべえ”タウンとして知られ、コロナ前は朝まで飲み歩く面々も少なくなかった街・高円寺。この街最大の夏の風物詩が、『高円寺阿波おどり』だ。
「毎年8月末に開催されて100万人が来場します。踊り手は1万人。街を周回する“流しおどり”を見る人で道はごった返して、当日は移動するのがひと苦労です。駅前は動線の確保のため一部封鎖されて、大混雑。朝のラッシュの満員電車みたいになることもあるので、今の時代でいうとかなりの“密”ですね(苦笑)」(高円寺のバー店主)
 コロナ禍にあってこの夏祭りが物議を醸かもしている。昨年はコロナのため開催を見合わせたが、今年は8月28日・29日、9月25日・26日の4日間にわたって開催されることが決定したのだ。
「流しおどりは昨年に続き、中止で、区立の施設である『座・高円寺』のステージを使っての“舞台おどり”のみでの開催となります」
 そう話すのは、高円寺の阿波おどりに参加する連(阿波おどりに参加するグループのこと)に所属する高円寺在住の男性。彼の連は今年の舞台おどりに参加するという。
「この時代ですから、怖いですよね。ただ僕もいろいろと付き合いがあるので、連長が“参加する”となったらなかなか断るってことも……」(参加する連の男性、以下同)
 参加する連のリストを見ると、あることに気づいた。
「かなり多くの連が、今回の参加を辞退しているんですよね。『高円寺阿波おどり振興協会』に所属している、長い歴史を持つ有名な連を中心に。いくら振興協会がやるって言っても、自分の連はとても参加させられないってことでしょう。協会への悪口を言ったら簡単に干されるような狭い世界ではありますが……」

続きを読む

ネットの声は?

徳島はマスク着用でやっているのに、 ここの主催者は反ワクチン勢力に洗脳されているのでしょうか?

残念ながら、徳島市も大多数が、マスク付けてませんでした。

暑いのに外でマスクなんて、汚いし見てて不愉快

ピンクのマスクで統一すればそれはそれで綺麗だと思うが。。生命の危機を招いてまでの伝統文化ってなんだ?人類死んだら伝統引き継げないよ。この期に及んで一体何を拘っているのだろうか??

マスクつけて熱中症とかで倒れられたらマスクつけてるからだ!!とか言われるし外して踊るのは間違ってはないと思うけど

これはどうなの?感染者でるよ。飛沫やばそうだな

全国各地で人命よりも見た目 これも立派な五輪効果 一斉休校にならないのもパラ観戦があるから コロナを間接的に全国に撒き散らすオリパラ 後の歴史教科書には「専門家世論の反対を押し切って開催されたオリンピックにより日本の急激な衰退がひきおこされた」と記されるだろう








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加