史上初eSIM対応の廉価モデルXperia 10 III Liteは8月後半発売に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ソニーは、Xperiaシリーズで初めてeSIMに対応する「Xperia 10 III Lite」を発表しました。一部の通信事業者が8月下旬以降に発売し、本体価格は4万6800円(税込)です。「Xperia 10 III Lite」は、5G対応ミドルレンジモデル「Xperia 10 III」をベースに、新たにeSIMに対応したスマートフォンです。
仕様は「Xperia 10 III」とほぼ同等ですが、ストレージ容量が128GBから64GBに削減され、物理SIMに加えeSIMに対応する点が変更点となります。
ディスプレイは6.0インチ 21:9の有機ELで、ミドルレンジXperiaとして初めてHDR表示に対応。大画面ではありますが、縦長のアスペクト表示とベゼルレス設計により、縦に持った際の横幅を68mmに抑え、片手での操作性を高めています。

続きを読む

個人的な感想

ソニーのXperiaは勢いを失っているという話をよく聞くのでこの機種でその打開を狙うのかと思われます。個人的にはソニーのネーミングセンスをどうにかしてほしいですね。イヤホンとかWF-なんちゃらって消費者側からしたらなんなんだってなりますしね。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加