松本人志さん、「ワクチン打ってない人と同じ生活をするのはなかなか酷な話」とワクチン未接種の人を煽ってしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(57)が22日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。新型コロナウイルスのワクチン接種についての考えを述べた。

「ワクチンというのは、あくまでも例えですけど、車で言うところのシートベルトみたいなもんじゃないかと。バイクでいうとヘルメット。ワクチン打った人は遠出しないと、動いていかないと何のためにワクチンを打ったのかわからない」と率直な思いを吐露した。  

松本はすでに2回の接種を終えており「動くことが、ある種の義務でも権利でもあるかなあと思うんですけどね。正直我々もワクチン打つの怖かったですよね。完全に安心してない、どっか大丈夫かなというリスクは背負いましたから。リスクだけ背負わされて、ワクチン打ってない人と同じ生活をずっとせえっていうのはこれはなかなか酷な話やぞと思いますね」と述べた。

続きを読む

みんなの声

ワクチンはエアバック。マスクは必ずするシートベルトで、いざと言うときに作動するエアバックがワクチン。
でも、事故次第ではエアバックが作動しても重症化するし死亡する場合もある。もちろんエアバックなしの車は死亡する確率が上がるんよ。

ワクチンは重症化を防ぐものであって、感染しないわけではないし、周りに広げないわけでもないってことを、マスコミはちゃんと報道すべきでは?身近に2回目接種終わって少し経つのにコロナ軽症で今も自宅療養の人がいるんだよね、複数人。長年存在しているインフルエンザワクチンでも、接種すれば感染しない!と思い込んでいる人が結構いるからどうにもならないんか?

ワクチンは自分を守るためでしょ。重症化しづらいだけで感染はするよ。ワクチン打ってうろうろしてたら無自覚感染してたら自分が媒介者になってしまう。やはりなるべく大人しくソーシャルディスタンスな生活をすべきだと思うわ。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加