丸亀うどん弁当は「賛否両論だった」執行役員が語る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

昨年(2020年)から続くコロナ禍で、外食産業はランチ需要やテイクアウトの対応など新たな食ニーズに応えるために奮闘している。日本フードサービス協会が発表した「外食産業市場動向調査」によれば、2021年5月度の外食全体の売上は、前年同月比119.8%に増加。しかし、コロナ前である前々年の同月と比較すると80.2%(19.8%減少)という結果で、日常は程遠いといった様子だ。

 不穏な社会情勢が長引くなか、コロナ禍でも出店攻勢を続け、テイクアウト需要を見据えた「丸亀うどん弁当」が大ヒットするなど、好調を維持しているのが株式会社トリドールホールディングスの丸亀製麺だ。うどんチェーン店業界最大手として知られ、いまや国内外に1000店舗以上を構えている。

 運営する株式会社丸亀製麺 執行役員CMOの南雲克明氏に、丸亀製麺がここまで成長できたワケやコロナ禍での取り組みについて話を聞いた。

味の均一性よりも、作り手の個性を重視
 丸亀製麺は2000年に兵庫県の加古川に1号店をオープン。実は、うどんチェーン店のはなまるうどんも同年に誕生しているのだ。まさに創業以来、うどんチェーンのシェアをめぐる争いが行われてきたわけだが、なぜ丸亀製麺は業界1位の座に上り詰めることができたのか。

「創業当初から、『本物のうどんの美味しさを届け、食べる喜びを伝えたい』という想いを持ってやってきたのが一番の理由だと思います。丸亀製麺では、余計な混ぜ物を使わずに国産小麦と水、塩のみの原料にこだわり、毎日お店で粉から麺を作ることで、“手づくり”や“できたて”の味を追求してきました。

 また、他社のようにセントラルキッチンで調理すれば、味もぶれない画一的な商品を提供できますが、全てお店でイチから作る丸亀製麺は、作り手の個性や地域性によって、微妙に味が異なる。おいしさの基準を満たしながらも、作り手の個性が味ににじみ出ているのが、丸亀製麺らしい『讃岐うどん』の魅力だと考えています」

続きを見る

・「丸亀うどん弁当」は卵焼きなどを加えて具だくさんにし、単なるうどんではなくボリューム感の弁当としたことで、ランチなどの食事需要を取り込んだ。さらに代理店のマーケティングを採用し、タレントのTOKIOを起用し、テレビCMなどプロモーションを展開することでヒット商品となった。発売4カ月で900万食を売り上げ、1店舗当たり1日約88個が売れたことになる。今後、店舗のオペレーションの問題もあるが、季節限定などの新しいアイテムの発売も可能性がある。

・実は正直この弁当のせいでお店に行かなくなった。

通常のお店で食べる人と同じ列に並んでいるので
大量発注されると、全然列が前に進まない。

事前に紙に書くのだけど、
それを出すのは結局順番が来てから。

以前10人前を頼む人が三人も前に居たため、
30分近く列が全く進まない状況になってしまった。

しょうがないのだけど、
こちらは
早くて便利だから行くのであって、
高級料亭並みの「待ち時間」があっては
どうにもならない。

だから、行かなくなってしまった。

・娘がうどんを好きなため、よく丸亀製麺に通っております。
お弁当が人気なのは喜ばしいことですが、お弁当が始まってからは現場のオペレーションが回っていないと良く感じるようになりました。

テイクアウトの注文はまとめての購入が多く、一度入ってしまうとそこで流れがストップしてしまってます。
夏の炎天下に外で並ばされ、「中はガラガラなのになんで?」と思うとテイクアウトが原因だったりします。

コロナ禍でテイクアウト需要が伸びており、それに対応しなければならないということが理解できますが、現場のオペレーションまで考えていただければと思います。
例えば、テイクアウトはアプリで予約制にする、作り置きをして店内で販売をする。最もよいのは、イートインとテイクアウトを別の動線にするのが理想かと思います。是非ご検討いただければ幸いですm(__)m

・テイクアウトでお弁当を頼むのが好きです。
でも現場の店員さん大変なのか。。。家で受け取ってたから知りませんでした。
作り置きでいいのに。
どうせ家まで運ぶまで時間経ってしまうのだから。
店員さんが辛いのは時代に合わないです。

・通常注文と別にしなきゃ!
弁当が一緒に並ばれると回転遅く列が進まない。ランチ時間では間に合わないので行かなくなりました。効率悪すぎて成功ではないでしょ。ドライブスルーにしてくれ。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加