田村淳、メンタリストDaiGoへの発言を謝罪「確証がないのに、触れたのは良くない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が21日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。メンタリストDaiGoへの自身の発言について、謝罪した。

 淳は毎週木曜日にYouTubeチャンネルで電話相談を生配信しているが、先日にDaiGoの一連の発言について感想を聞かれ「僕は一切、支持ができない」とコメント。そして以前にDaiGoと共演した際に「心を読み解くというパフォーマンスに対して、マネージャーらしき人が遠くから指示を送っていた。それを受け取るような仕草があった」とも発言していた。

 これについて「確証がないのに、そのことについて触れたのは良くないなということで、謝罪したいと思います。実際に証拠も何もないのに、あたかもそれが事実かのように広まってしまうのは、DaiGoさんの“ホームレス発言”とは全く別のことなので、そこに乗じて自分がその事を発信したというのは、本当に不用意だったなと思います」と反省し、「謝罪したいと思います。申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 淳は「これからも僕は失言をすると思います。しようと思ってする訳じゃないですが、自分なりに気をつけながら、誰も傷つかないような発言をしようと心がけるんですが、きっとこの先も失敗すると思います。失敗して謝ればいいという話ではなくて、この失敗をきちんと次に生かすためにはどうすればいいのかを自分自身で考えながら、YouTubeで発信していきたいなと思います」と今後に向けて決意を述べる。

 今回の謝罪について、YouTubeのコメントで気づいたことを明かし、「僕がおかしいと思ったときには声を上げてもらいたいと思います。指摘していただいてありがたいなと思います」と感謝した淳。最後は「これからも気をつけながら、でも忖度しないで、自分なりに感じたことを発信していきたいなと思います」と締めくくった。

続きを見る

・メンタリストって超能力者じゃないからマジックを含めて思考誘導するという意味では種がある方が正しいんだと思うけど、なんかその辺りを誤解してる人も多そうですよね。

・昔、通り魔が心神喪失者と判断され無罪になった実話を基にした小説を読み憤慨、友達にその制度の不満をぶつけた事があります。
すると友達はこう言いました。
「私なら幾らでも話は聞くけど、でも間違ってもそれを誰もがみるSNSとかにあげんのはやめなよ。ましてや一冊の小説で触発されてさ。中途半端な正義感は人を傷つけるだけだよ。
そういう問題は、キチンとその分野で長年研究してきた人たちでも答えが出ないわけだよね。それこそ正直、あなたじゃ想像も出来ないくらい毎日苦悩してその問題に取り掛かってる人もいるはずだからね。」

と言われた経験があります。
自分の考えはどれだけ付け焼き刃なのか、を考えさせられました。

・相変わらずリスク回避がすごい
すごいんだけど、やっぱりたまに面白いことや興味を引く話をしようとしてミスりますね

・この人もそうだけど、だったら本人に直接謝罪すれば良いのになと思います。
視聴者に謝ってどうするの?誰になんの為に謝ってんのかさっぱりです。
謝罪の順番はまず本人→世間だと思います。

それから、テレビ人なら例えば手品だってマジックの種があっても絶対に触れてはいけないタブーな所は分かっているはずです。
カンペ丸読みでもあたかも自分の意見かの様に話す事もあるだろうし、面白くなくても笑って盛り上げる事もあるでしょう。
それがエンターテイメントの世界ですよね?

『メンタリスト』という人に食いついて、テレビに出演させていたのはメディアの方ですから、同じ側に立つ人が言ってはいけない事を言ったように見えます。

・ここまで世間が揚げ足取りに躍起になると、何を言うにしても窮屈になる

他人を傷つけるのが良くないのは当然だけど、批判を恐れて思考を停止し、何も考えない人を生み出してる面もある

・僕はかなり初期のころから、科学としてのメンタリストというよりは、
手品としての「Mr.マリック」の方向性だと思っていましたよ。

ただ、出演していたのは主にエンタメ番組だったわけですから、
タネがあるということは罪ではないと思います。

問題は、ホームレスは居なくなってほしいとか言う思想であり、
それをネット民に指摘されても、聞く耳持たずで何日も
「だから何?個人の意見でしょ」という感じで、流していたこと。

でも、仕事を失う気配が出てきた途端に謝罪に走った。
この一連の流れが問題。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加