ケンコバ「お笑い界は破滅する」 雨上がり決死隊の解散翌日に語る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

お笑い芸人のケンドーコバヤシが主催するお笑いライブ「地獄寄席(じごくよせ)」が、東京・世田谷区の北沢タウンホールで8月29日18時より開催される。出演者も内容も謎だらけの同ライブの話を伺うべく設定された取材日は、8月18日。奇しくもその前夜に雨上がり決死隊が解散した。翌18日、神妙な面持ちで現場に現れたケンコバが放ったのは「お笑い界は破滅する」という言葉だった。

蛍原徹と宮迫博之の2人による最後の晴れの舞台となった『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』。17日夜にYouTubeなどで配信され、お笑いファンの多くがその一部始終を目撃した。出川哲朗や藤本敏史の涙が全てを物語っていた。重ねて話を聞くのは野暮だと考え、「地獄寄席」の話に徹しようと思っていた。

ケンコバは、ぶっ飛んだトークで笑いをとりつつ、落ち着きと優しさも兼ね備えた中堅芸人。中堅と位置づけられているが、業界のベテランだ。そんな世間のイメージと現実を重ねようとしたが、目の前の本人はコーヒーをすすり、不気味なくらい淡々としていた。雨上がり決死隊の解散が何か尾を引いているのだろうか。思わず正座してしまった。

「地獄寄席」の話を振ると、いつもの低い声で「ここ数年、宮迫さんやTKOの木下さん、アンジャッシュの渡部が地獄にハマった。でもあんなもの、この世の地獄芸人たちに比べたら平穏そのものですよ。家のご近所みたいなもの。日なたです。『地獄寄席』の出演者の中には受刑者もいれば、旧ソビエトで超人芸人に育てられた実験的な芸人もいる。北沢タウンホールでもっとディープな恐ろしい地獄を見せますよ」と愉快そうに語るが、真面目な話も少し……と切り出すとすぐ真顔になった。

昨今、ネタ番組が増え、さらにお笑い芸人があらゆる方面へ進出して活躍している。最近のお笑い界をどう見るかと尋ねると、ケンコバは「もうすぐ破滅するんじゃないですかね、マジの話」と口火を切った。

「いよいよお笑い芸人側が、お笑い論を語る時代になってきました。人気番組も今そういうものが多いじゃないですか。“芸人としての心構え”とかそういうのを語る番組が。『あ、これはもう近々破滅するな』と思っています。それは過去の色んなエンターテインメントの歴史が証明しています。一度プロレスが地に堕ちたのも、そういうところありますからね」

ただし「おそらく俺は巻き込まれません」と主張する。「正直、今お笑いを語らない、そこに巻き込まれない人を考えたら、マジで残るの俺と村上ショージさんくらい。あとは全員語っている。恐ろしいことになると思いますよ」

続きを見る

・お笑いの衰退の要因は「売れたらネタをやらなくなる」テレビの構図だと思うよ
せっかく頑張ってネタで売れたのに売れて忙しくなると
ひな壇でちょっとコメントするだけの番組にとって都合の良い便利屋になる
さらに売れてMCレベルまで行ったらもうほとんどネタなんかやらなくなる
やってきたこととやらされることが違うんだからおかしくなるのは当然だと思う

・水曜日のダウンタウンで、芸人が今まで笑った芸人の発言をあげるみたいな企画で
川島があげていたのがコバのアメトークでの台詞
「まだバイトしてる芸人」でベテラン芸人がまだバイトする生活をしながらも、奥さんは旦那を「世界一面白い」と思っている…という感動的なVTRが流れ、場もちょっとしんみりした空気になっていたところを
左サイドのゲストだったコバが
「奥さんがね『世界一面白い』って言ってて…」とそこまではしんみり話し、
「ビンタして『目、覚めせ!』て言うてやりたいですね」
で笑いをとって場の空気を変えた
見てた川島も笑いながら「感動しながら見てたら、あ、俺の仕事はお笑い芸人やったと目を覚まさせてもらった」みたいなことを言っていた
コバのこういう「お笑いのオモテ」で勝負する感じは本当にいいよね

・驚くほど的確な語りでビックリした。マニアがジャンルをつぶす、プロレス界隈だけでなく全てに当てはまる真実だ。結局最前列にいる人間がスクラムを組み、新参ファンを見下し排除する。演者は彼らの顔しか見えず、彼らの声しか聞こえない。最高のファンは芸人仲間で、究極的にはうちわの人間しかそこにいなくなる。最近のグランプリ関係は、世間視聴者の感想と乖離する様が見られるが、 演者と審査する側、「道」のようなものに入り込み袋小路に入りつつあるのではないか。松本のコント番組も、周囲の取り巻きに向けて作っている気がした。

・とても共感する意見。お笑い論やら漫才愛コント愛みたいなのを表に出しすぎる芸人が増えている。人としての熱い想いや本音を世間に晒すのは今のSNS時代に向いているとも思うけど、一方で素の人柄が見えすぎると何だか笑えなくなってしまう。狩野英孝みたいに人柄自体が奇抜で面白い人ならともかく。
思えば去年のM1グランプリなんか、その際たる例だったな。芸人やお笑いファンにとっては、あの時のマヂカルラブリーは最高にカッコよくその高い技術力も十分に伝わってきたが、普段そこまでお笑いを見ない人たちには「大声で騒いで変な動きをしているだけ」にしか見えなかった。それで正統派漫才とは何かと論争が起き、結局「お笑いを分かってない人たちが悪い」という方向でまとまってしまった。あの件で「お笑いって何か面倒臭いな」と気持ちが冷めてしまった人も結構いるのではないかな

このケンコバの意見はものすごくしっくりくる。

ファンやマニアが壊すというのもあるだろうけど、それ以上に、芸人側が、
特に、売れてない~中途半端に売れてる芸人ぐらいの層が、
そのやってきたプライドみたいなものを視聴者側に向けてくる傾向がある。

だけどそういうのって、自分自身を鼓舞したり、あくまでも自分に向けるものであって、
他者に向けてしまうと、“芸人至上主義”みたいになってくる。
やってきたこと、頑張ってきたこと、人生を捧げてきたことは素晴らしいんだけど、それは一般の仕事でも同じ。それを、ちょっとメディアに出たからって、“俺たちは特別なんだ”みたいな気でいるから厄介。
そういう意識が、お笑い界だけでなく、テレビ全般が衰退していく一因になっていると思う。

一般の職場でもそう。
今までやってきた自負やプライドはけっこうだけれど、
それは自分自身に向けるものであって、他者に向けたら寒い








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加