iOS15のSafariのアレ、変更できます。アップルが公式で対応する事態になったあるものとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ソフト正式版リリース前にやってくるベータ版。いろんな人に使ってもらって、意見を募るという大切な役割をもつベータ版。AppleのiOS 15のメインアップデートの1つにブラウザSafariの新デザインがあります。が、これがどうにも微妙でして。ハッキリいっちゃうと不評でして…。iOS 15のベータ版へ寄せられたフィードバックを元に、Appleは、Safariを前のデザインに戻せるというオプションをiOS 15に追加しました。
iOS 15で大きく変ったSafariデザイン。個人的にはアドレスバーが画面下にあるのがどうにも慣れません。長年の習性からとても違和感を覚えてしまいます。しかも、ただ下にあるだけでなく行ったり来たりするので、慣れようと思ってもイライラしちゃうんですよね。これ、もちろん私だけでなく多くの人が感じており、かなりの不評。さらに、ブラウザのメイン機能のいくつか(例えばリロードなど)が隠し表示になっているのもいまいち。Apple最大のデザインミスといっても過言ではないほど、使い勝手が悪い、直感的ではないと思います。
ネタ元のIndependentによれば、ユーザーからのフィードバックを受け、Appleもあれこれ模索しているようです。とりあえず、検索バーを画面下の固定表示にするというアプデがはいったものの、まだまだ十分とは言えず。最新版のアプデでは「シングルタブモード」が追加。Independent曰く、これはSafariのデザインを前のバージョンに戻す機能。新デザインor旧デザインの選択肢があれば、OS自体はアップデートしやすくなりますね。
フィードバックで正式リリース前に修正いれてこそのベータ版ではあるのですが、Appleにしては少々珍しい対応かも。過去にAppleがイヤフォンジャックを廃止し大ブーイングを受けたとき、AppleのPhil Schiller氏は、前に進む理由を一言で「度胸である」と語ったことがあります。批判・クレームなんのその、度胸で前に進んでみせるのがApple節なのでしょう。一方で、長年(5年くらい?)不評で批判され続けた結果、Appleはバタフライキーボードからシザーキーボードに戻ってたという歴史もあります。どちらにせよ、たとえ批判されてもこれが正義であると(少なくとも一定期間は)進むのがAppleだとしたら、今回のUIを2パターン用意するのはレア。Appleらしくない弱腰対応とも言えますね

続きを読む

アップルがユーザーからのクレームにこんなに早く対応するのは稀で、上記のようにマックブックのキーの変更は結局元に戻るという事態になっている。iCloudに入れた画像を自動でフィルタリングする機能も柔軟に対応されるべきだと思われる。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加