アメコミ映画のマルチバース化に元バットマン俳優も「え、どういうこと?」と戸惑いが隠せない模様

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ハリウッドにおいてコミックのスーパーヒーローを演じた先駆けのひとり、マイケル・キートンは、いまやマーベル映画とDC映画の両方に出演する役者の一員となった。マーベル映画『モービウス』では『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のバルチャー/エイドリアン・トゥームス役を、DC映画『ザ・フラッシュ(原題)』では『バットマン』(1989)『バットマン リターンズ』(1992)のバットマン/ブルース・ウェイン役を再演するのである。
米The Hollywood Reporterにて、キートンは『バットマン』当時と現在を比較し、「バットマンは文化的に大きな存在になりました。世界中の人々にとって大きな存在だから、きちんと敬意を払わないといけない」と語った。ただし30年ぶりのバットマン復帰にあたり、『ザ・フラッシュ』のキーワードである“マルチバース”には大いに困惑したようで……。
「(脚本を)3回以上読んでも、“えっ、どういうことなの”って。何度も説明してもらわなきゃいけませんでした。僕が傲慢だってわけじゃないし、そうであることを願っていますよ。とにかく“俺ってスゴいだろ”みたいな話じゃなくて、ただ、僕がバカだって話なんです。わからないことがたくさんあったのを、なんとか解決したんです。」

続きを読む

個人的感想

確かにマーベルはMCUを10年以上続けてきて別世界という展開でしか話が成り立たなくなってきているというのはわかる。DCもザック・スナイダーとDCEUを作り上げていくつもりが、途中でオジャンに。その後は話の流れを関係なく映画を制作していると思える。話を追ってない人たちには難しいことかと思う。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加