イーロン・マスク氏ペプシマン激似の「テスラ・ボット」を制作!その衝撃の姿が明らかに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

テスラが日本時間の今朝に開催された「AI Day」イベントで、汎用ヒューマノイドロボット「Tesla Bot」を開発し、将来販売する予定であることを明らかにしました。このロボットは、人に代わって何かを取りに行ったり、家事や何かをこなしてくれるとのこと。
イーロン・マスクCEOいわく、突然ヒューマノイドロボットを作る殊にした理由について、すでにテスラが開発する自動運転AIが世界をイメージで見て理解し、その情報に基づいて判断を下し行動していることを考えれば、テスラはすでに世界最大のロボットメーカーになっているとのこと。
つまりすでに高度に進化したコンピュータービジョン技術を手にしているのだから、それを何かに応用するのは理にかなっており、それならば車輪で動くのではなく、人型ロボットで実現したいと考えています。
マスク氏が語ったところでは、Tesla Botは反復動作を含む「退屈な作業」をこなすことを目的にしていると延べています。つまりあまり手順が複雑すぎない、人間ならすぐに飽きが来てしまう単純作業をひたすら黙々とこなすことに長けたロボットになると考えているということです。また危険な場所における作業も代替できるとされるものの、具体的にどんな危険作業があるかまでは示されませんでした。
より長期的ビジョンとしては、Tesla Botが現在は人間んがこなしている肉体労働をこなせるようにすることが考えられています。

続きを読む








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加