オーディオメーカーの重鎮BOSEの名機QC35iiの後継機「QC45」がリークされる。USB-C採用か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

米ボーズの次期ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 45(仮)」らしきプレス向け画像が、ドイツ語リークサイトのWinFitureにて公開されています。
現在ボーズはノイズキャンセリングヘッドホンとしてQCシリーズこと「QuietComfort 35 II」と、機能性と高級感を高めた「Noise Cancelling Headphones 700」をラインナップしています。今回のQuietComfort 45(仮)は、QuietComfort 35 IIの後継モデルに相当するようです。
掲載された画像をみると、QuietComfort 45(仮)の外観はQuietComfort 35 IIからほとんど変更されていません。目立つ違いは、ヘッドホンケースのマイク穴がより大型化していることくらいでしょうか。また、本体下部にUSB-Cポートが配置されていることも確認できます。
WinFutreによれば、QuietComfort 45(仮)には外音を取り込む「Aware Mode」や、「Active EQ」機能が搭載されているとのこと。また最大24時間の駆動が可能で、15分の急速充電で2.5時間の利用が可能です。これは、QuietComfort 35 IIの最大20時間を上回っています。さらに、同時に2デバイスとのペアリングが可能です。
現時点では、QuietComfort 45(仮)のアクティブノイズキャンセリング機能の詳細については判明していません。コンパクトに折りたためるQCシリーズと、高性能なノイズキャンセリングを実現したNoise Cancelling Headphones 700の、いいとこ取りなモデルになることを期待したいものです。
ボーズは以前にもQuietComfort 45(仮)をFCC(連邦通信委員会)に登録しており、製品リリースもそう遠くないことが予測されます。QCシリーズに新製品が登場するのだとすれば、Noise Cancelling Headphones 700の今後の位置づけがどうなるのかも気になるところです。

続きを読む

QC35ユーザー的には端子の変更の他にどのくらいの違いがあるのかが気になる。近年ではノイズキャンセリング機能(ANC)ではソニーに劣るといわれるBOSE、個人的にはQCシリーズはその「つけ心地」にフォーカスされているので期待が高まる。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加