ゲーム業界は悪質な労働文化、広告スポンサーからの歯止め効くか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ゲーミング分野は広告業界で大きな注目を集めているかもしれない。だが、最近の出来事が示すように、ゲームの世界には見誤ることが許されない深刻な側面が存在している。
ここ数週間、アクティビジョン・ブリザード(Activision Blizzard)の持つ非常に悪質な労働文化が暴露され、ゲーム業界やeスポーツ業界は「危機対応」に追われる状況に陥っている。女性やマイノリティの従業員たちから告発が相次ぎ、ハラスメントや不平等に関する業界の問題が長年にわたって広範囲に存在してきたことを明らかにしている。
ブリザードのプレジデントであるJ・アレン・ブラック氏は、同社におけるセクシズムとハラスメントの内部告発に対応しなかったとカリフォルニア州における訴訟で糾弾され、7月28日に辞任した。しかしこの分野の専門家のなかには、真の変革をもたらすためには彼ひとりが辞めるだけでなく、多くの大手ゲームデベロッパーの上層部にはびこる「汚れ」の徹底的な洗い出しが必要だと考えている人もいる。

従業員のストライキやプレイヤーたちによるボイコットがこの問題に注目を集めているが、この問題に対してもっとも大きな影響力を持っているのは、トラブルを敬遠するスポンサー企業たちにある。アクティビジョン・ブリザードのもっとも大きなブランドパートナーのなかには、すでに同社に圧力をかけ始めているところもある。不安に感じるスポンサーたちが動き始めれば、大きな波となる可能性もある。

続きを読む

他のゲーム制作会社でも劣悪な職場環境が話題に

人気犯罪アクションゲームのグランド・セフト・オートや「レッド・デッド・リデンプション」などで有名なロックスター・ゲームスなどでも今回の問題が発覚している。こう言った流れはゲーム業界のクリーン化に一役買うだろうか?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加