しょこたんの女子中学生いじめ事件のツイートが話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

マルチタレントの中川翔子が19日、ツイッターで北海道・旭川で起きた女子中学生いじめ事件に言及。加害者生徒たちを擁護する学校側の姿勢に対し憤りを露わにし、ネット上で反響を呼んでいる。
取り沙汰されているのは今年3月、旭川で失踪していた女子中学生が凍死していた事件。被害者である女子中学生は2019年、複数の生徒からいじめ行為を受けていたことが明らかになっており、中にはわいせつな写真を送るよう強要され、その写真をグループ内に拡散させるという嫌がらせも受けていた。失踪、死亡の原因はこれらの凄惨ないじめ行為にあったとされる。
中川が引用リツイートしたテレビ朝日の報道には、そのわいせつ画像拡散トラブルについて被害者の母が学校側に相談したところ「1人のために10人の未来をつぶしていいのですか」と、加害者グループを擁護する言動があったことも記されている。
まるで事件を隠蔽するかのような学校側の対応。中川はこの報道に対し、「こんなこと許されない こんな事を言う先生がいるなんて恐ろしい」と学校側の姿勢を痛烈に批判。

続きを読む

ネットの声は?

加害者は10人だけではないですね。

教頭先生、同年代のお子さんやお孫さんいらっしゃるとしたら報復はそっちに向かうと思います。万が一の時同様の事言えますか?

冷静に考えると「被害者と加害者どちらを守るべきか?」以前に、このような問題が起きた環境に目を向けられない学校こそ“いじめの病理”であり、そういう環境を見直す必要がある。また、被害者の将来は既に失った事実を学校はどのように対応していくのか冷静に考えてほしい。

命の重さに、差があるの?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加