俳優の千葉真一さん、コロナによる肺炎のため82歳で死去→「キアヌリーブスも号泣するだろうな」とファンの熱い想いまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

俳優の千葉真一さんが19日午後5時26分、新型コロナウイルスによる肺炎のため千葉県・君津市の病院で亡くなった。82歳。同日、千葉さんのマネジメントを手掛ける事務所が発表した。

事務所によると、千葉さんは8月8日より新型コロナによる肺炎が悪化したため入院。酸素吸入を続けている状態だったが、回復に至らず息を引き取ったという。  

千葉さんは1939年生まれ、福岡県出身。1968年、TBS系ドラマ『キイハンター』で人気を得る。その他、映画『キル・ビル』、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』、フジテレビ系ドラマ『影の軍団』シリーズ、NHK大河ドラマ『風林火山』などに出演。日本を代表するアクションスターとして海外でも人気を獲得し、「サニー千葉」の名で知られた。

続きを読む

みんなの声

ご自身が世界でも活躍される素晴らしい俳優さんなだけでなく、JACで沢山の良い俳優を育ててこられた功績は真似できないものでした。ご冥福をお祈り申し上げます。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加