パワハラ・後輩イジメの中田翔、裏カジノ経営者に特別パス発行などの「闇のつながり」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 後輩選手への暴力行為で無期限の出場停止処分を受けている日本ハムの中田翔(32)。今年1月、週刊新潮は中田と、裏カジノ店経営で逮捕された男性の“黒い交際”を報じていた。
 侍ジャパンでも中軸を担ってきた中田だが、「昨年末から、カジノ店経営で逮捕された人物との交際が囁かれているんです」 と、社会部記者が語る。
「昨年12月、愛知県警は大竹宏幸という38歳の建設会社社長を逮捕しました。賭博開帳図利の疑いです。大竹は名古屋の繁華街、錦でカジノ店『B』を経営し、客にバカラ賭博をさせていた。少なくとも1億1500万円の利益があり、この売り上げは暴力団の資金源になっていたとみられます」
「大竹が3年ほど前から住んでいた名古屋市内のタワマンが知人男性の名義で借りられていたのです。月23万円の家賃は知人の支払い。大竹はこれらの取調べに黙秘を続けていますが、県警は大竹を暴力団にきわめて近い“密接交際者”とみて捜査を続けているのです」

続きを読む

ネットの声は?

もうダメです

ファンも擁護できないよな

清原の時も断ってるニュース見て偉いと思ったんだけどな

ガチで洒落にならんw








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加