喫煙者と高齢者にはワクチンの効果激減か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 国立病院機構宇都宮病院呼吸器・アレルギー内科の杉山公美弥氏(同院副院長)らの研究グループは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するファイザー製ワクチンの2回目接種を受けた同院の職員を対象に前向きコホート研究を実施。接種から3カ月後のSARS-CoV-2スパイク(S)蛋白質に対する抗体価を評価した結果、高齢者や喫煙者で顕著に低下することを明らかにし、査読前論文公開サイトmedRxiv(2021年8月7日オンライン版)に報告した。今回の結果から「喫煙が抗体価に最も影響を及ぼす因子であり、SARS-CoV-2ワクチン接種前の禁煙によりワクチンの有効性が改善する可能性がある。また、予備的な研究から、50歳以上の人に対しては6カ月ごとにSARS-CoV-2ワクチン接種が必要である可能性も示唆された」としている。

 研究グループは、予備的研究として2回目のSARS-CoV-2ワクチンを接種した50~60歳代(中央値57歳)6例の抗体価の推移を調べた。その結果、2回目接種から2週間後の抗体価の中央値は2,140U/mLだったが、接種から3カ月後には3分の1~5分の1に低下したことを確認。うち2例では、1回目接種後と同程度の220U/mLまで低下していた。

 そこで、生活習慣や慢性疾患の有無などワクチン接種後の抗体価に影響する因子を検証する前向きコホート研究を実施した。

 対象は、予備調査で対象となった6例を含め、今年(2021年)2~3月にSARS-CoV-2ワクチンの2回目接種を完了した同院の32~54歳の職員378例(年齢中央値44歳、男性123例、女性255例)。このうち、57%は看護師(177例)と医師(38例)だった。

 対象者の血液を採取し、2回目のワクチン接種から3カ月後にSARS-CoV-2 S蛋白質に対する抗体価を測定。対象者にアンケートにより既往歴、生活習慣病、喫煙などの生活習慣に関する聞き取りを行い、これらと抗体価との関連を検討した。

続きを読む








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加