新型コロナのラムダ株公表の遅れに官房長官「不安を解消していきたい」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、新型コロナウイルスの変異株で南米ペルー由来とされる「ラムダ株」の国内初確認から発表まで2週間を要したことを巡り、公表のあり方について厚生労働省が検討していると明らかにした。
 ラムダ株を巡っては、7月20日に羽田空港に到着した30代女性のコロナ感染が空港検疫で判明。23日に国立感染症研究所の調査でラムダ株であることが確認された。8月6日に米ニュースサイトが事実関係を報じた。
 加藤氏は会見で、ラムダ株が現在の公表基準で対象となる「懸念される変異株」に指定されていないため公表はせず「外部からの問い合わせを受け、個別に公表した」と説明。関係機関の対応に問題はなかったとの認識を示した。そのうえで、「コロナについては国民もさまざまな関心や不安を持っている。公表のあり方について早期に結論を得て、不安解消につなげたい」と述べた。

続きを読む

ネットの声は?

感染研もグルだから

加藤氏は会見で、ラムダ株が現在の公表基準で対象となる「懸念される変異株」に指定されていないため公表はせずってか

大した仕事も結果も出せてないのにコイツのドヤ顔見てると胃がキリキリ痛むわ。

いやいや公表基準とか以前に やすやすと国内に流入させるなよ 水際対策はどうなった?

ん? ラムダ株もなんだけど、オリンピック選手/関係者の感染について、変異株の感染だったか否かの報道を見たことがなかったです(少なくとも私は) デルタ株とか公表されてましたっけ?

情報は速やかに発信することが重要だって、会見で棒読み指摘されてこう返答した菅首相が言ってた。

懸念される、されないに関係なく公表して下さいね。

水際対策よりもオリンピックのほうが大事なんだろ だいたいわかるわ

要約すると感染研はルールに従って公表した。厚労省が、公表する基準を作るが、リスクを評価せず、サボっていたと言うこと??

隠蔽しましたじゃないのか?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加