7代目「フェアレディZ」世界初公開! 13年ぶり全面刷新、日本では今冬発表へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

10年以上販売された6代目モデルから全面刷新
 日産の北米法人は、2021年8月18日午前9時(日本時間)に新型「フェアレディZ」(新型「Z」)を世界初公開しました。プロトタイプの発表から約1年で市販モデルの公開となりましたが、7代目フェアレディZはどんな新型スポーツカーとして登場するのでしょうか。

北米で発表された日産新型「Z」

 現行モデルの6代目フェアレディZ(北米名:370Z)は、北米では2008年11月19日のロサンゼルスオートショーで世界初公開された後、北米では2009年から販売開始されています。

 販売期間は10年強と、5代目フェアレディZ(北米名:350Z、2003年から2009年まで)より長いモデルライフとなりました。

 そして、日産は2020年9月16日に7代目新型フェアレディZのプロトタイプ(Zプロト)を世界初公開しています。

 しかし、この時点ではボディサイズが全長4382mm×全幅1850mm×全高1310mmで、搭載されるエンジンはV型6気筒ツインターボ、トランスミッションは6速MTを設定するといった、一部の諸元しか明らかにされていませんでした。

 また「詳細は生産モデル(市販モデル)と異なります」と明言されていました。

 今回発表された市販モデルの7代目新型フェアレディZは、ボディサイズが全長4379mm×全幅1844mm×全高1316mm、ホイールベースが2550mm(インチ表記をミリ換算)。

 エンジンは最高出力400hp・最大トルク350lb-ftの3リッターV型6気筒ツインターボを搭載。トランスミッションは6速MTとパドルシフト付9速ATが組み合わされます。

 日産の最高執行責任者(COO)であるアシュワニ グプタは、次のようにコメントしています。

「日産にとって『Z』とは、私たち自身の一部であり、長年にわたるお客さまへのコミットメントです。私たちは『Z』を通して、最新のスポーツカーのデザイン、パフォーマンス、そしてワクワクをお届けしています。

 50年以上もの間、『Z』は手の届く夢のスポーツカーであり続けています。このことは、時代を超えた『Z』の魅力であり、数え切れないほどの従業員の献身的な取り組みと情熱によって実現しています。私たちは、これまでと将来の世代へ『Z』のワクワクをお届けしようとしているのです」

 なお、日産は新型フェアレディZの日本仕様について今冬の発表を予定しています。

※ ※ ※

●北米仕様の日産新型「フェアレディZ」

・全長:4379mm
・全幅:1844mm
・全高:1316mm
・ホイールベース:2550mm
・エンジン:V型6気筒ツインターボエンジン
・変速機:6速MTとパドルシフト付9速AT

続きを見る

・今の日産にしては頑張ったんじゃないのかな。どこから見てもZって分かるデザインは好感が持てる。個人的にはスープラより好きです。MTの設定があるのもいいね。
国内は冬に発表みたいだけど価格が気になります。オーラみたいにNISMOも一緒に出してくれればいいと思いますよ。

・ほぼプロトタイプのままというのがすごい。
テールランプのあの頃感をもった雰囲気がいい

・むしろプロトタイプよりいい
あと気になるのは価格ですね
86,BRZも新型になったし、いい流れきてますね
このご時世スポーツカーは販売台数多く見込めないでしょうけど、
こういった車を販売してくれると素直にメーカーイメージ上がります

V6ツインターボで400ps、良いですねえ。

Zはやはり大排気量ターボでしょう。

こんな時代に、新型フェアレディZを登場させてくれた日産に感謝したいと思います。

やはり車好きにとってフェアレディZは特別な車です。

・新型シルビアがもう絶望的となった今、Zが頑張れば何とか手に届く範囲内で発売されるのは非常に大きい。日本での発表はもう少し先だが、日産車ファンや販売店の方々も楽しみにしてると思う。

・スープラみたいな気持ち悪い線の意味がわからないからよく思いきったと思う。
一目でZとわかるフォルムだし。
ヘッドライトかな。ちょっと気になるのは。

・日産らしさを出したZかなと思う、今の時代フロント周りのデザインが似たり寄ったりだけどこれは違う庶民向けのスポーツカーだなと思う、シニアの自分はGTRは買えないけどZは買って乗りたい。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加