雨上がり決死隊さん、アメトークにコンビで最後の出演→宮迫さんが全部悪いと納得のいくファンの熱い想いまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

雨上がり決死隊が本日8月17日をもって解散する。本日20時より「アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会」がABEMAおよび吉本興業のYouTube公式チャンネルで約2時間にわたって配信され、雨上がり決死隊の蛍原と宮迫がコンビ揃って解散を報告した。

1989年にコンビを結成した雨上がり決死隊。いわゆる“闇営業”問題で宮迫が吉本興業とのマネジメント契約を2019年に解消して以降、2人は個別に活動を続けていた。配信内ではまず蛍原が1人で挨拶したあと、仕切り直してコンビでスタジオに登場。表舞台での2ショットは久々、しかもその場が「アメトーーク!」(テレビ朝日系)特別編ということも重なり、宮迫は「2年ぶり。やばいっすね」と感極まった様子を見せる。一連の騒動について宮迫は「ご迷惑をおかけした皆さん、すみませんでした」と改めて謝罪。引き続き吉本興業所属のまま活動していく蛍原は「雨上がり決死隊、平成元年にコンビ結成しまして約32年経ちましたが、本日をもちましてコンビを解散いたします。お世話になりました」と挨拶し、2人揃って頭を下げた。

解散の経緯について蛍原は、当初コンビで復帰したいと考えていたが、宮迫との間に少しずつズレが生じてきたと話し始める。宮迫が自身のYouTubeをやり始めたところから価値観や方向性の違いが大きくなってきたことや、「複雑な気持ちがずっと続いていた」といった心境を率直に吐露。そのうえで「雨上がり決死隊という屋号を外してしまったほうが、みんなスッキリ進むんじゃないかと。

今年の4月に会って僕から解散しようと切り出した」と語った。宮迫からは「僕の至らなさがズレを生んでしまった。親よりも長い時間を過ごしている人に、自分の身勝手でいろいろやっていた」と反省の弁が。解散を切り出されたことには「これ以上、迷惑と辛さを強いるのは違うのかな、と受け入れることにしました」という。これに蛍原は「『やめたらぁ!』的なことはないです。2人で何回も会って話し合いもした」と補足し、宮迫も「ケンカ別れならこの場はないですから」と付け加えた。

(中略)

最後に雨上がり決死隊から締めの言葉が。蛍原は感謝の言葉を述べたうえで「解散は僕が決めたこと。もちろんここからが大事だと思ってる。僕も宮迫さんも1人ずつ前向きにがんばっていく。何よりも皆さんの優しさのおかげで『アメトーーク!』も続けられそう。また皆さんに協力していただいて面白いものが作れたら。これからもよろしくお願いします」と引き締まった表情。宮迫は「フジモンが言うたとおり、僕のせい。一生かけてそれは反省したい。でも現状、蛍原さんと2人ではできないけど、50過ぎて見苦しいかもしれないけど、諦めずにいつか一緒にできたら。その日のためにがんばり続けたい」と話した。

前向きながら悲壮感も漂うエンディングとなったが、宮迫の提案で出川が九九をしどろもどりになりながら暗唱して笑いが起きる。さらにその出川から「最後に雨上がり決死隊のドロップキック、見たくないですか?」とリクエストがあり、宮迫から蛍原に対して「蛍原さん、32年間ありがとうございました!」ときれいなドロップキックが炸裂し、コンビの歴史に終止符を打った。

続きを読む

みんなの声








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加