LGBTQ政治家「動画晒すぞ!」と救急隊員を脅すその驚愕の理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、立憲民主党の石川大我参院議員(47)が知人の陽性者の救急搬送を救急隊員に強く迫った疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

 石川議員は社民党の福島瑞穂参院議員の秘書を経て、2011年に豊島区議に当選。2018年に同党を離党すると、翌年7月の参院選で立憲民主党から出馬し、初当選を果たした。2002年には著書「ボクの彼氏はどこにいる?」(講談社)を出版し、同性愛者であることをカミングアウト。LGBT活動家としての顔も持つ。

「8月8日の夜10時半頃、新宿区のマンションに住む30代の男性A氏の知人を名乗る人物から、コロナ陽性となったA氏の救急搬送を求める119番通報が入りました。救急隊員が駆け付け、A氏の体温や血中酸素濃度を測った結果、保健所は『直ちに病院に搬送する状態ではない』と判断したのです」

「「救急隊員は『保健所の判断です』と説得したのですが、彼らの怒りは収まらず、救急隊員をスマホの動画で撮影し始めた。そして『搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!』と言って、救急搬送を強く迫ってきたのです。現場でのやり取りに関しては、消防庁に報告書として上げられています」(同前)

続きを読む

ネットの声は?

また立憲民主党か。。

自分が晒されてますが、

このブーメランよ。。

名前を体で残すとは

どれだけ今の自公政権が混迷を窮めようと、2009年~2012年の悪夢には絶対に逆戻りさせてはいけない。

晒してどうするつもりなんだw

もうこの政治家は信じられない。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加