アフガニスタン男性「女が社会に出れるのは今日まで、あー気分がええわw」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

一方で周囲に立っていた男たちは、少女や女性たちをバカにしてその恐怖を笑っていた。
「ブルカを着てこいよ」とある男は言った。またある男は「お前たちが路上に出るのは今日が最後だ」と言い、さらに「1日でお前らの4人を娶ってやる」と言う男もいた。

周りを見渡せば女性たちの恐怖に怯えた顔と、女性を憎み、そして女性が教育を受け、働き、自由を得ることを否定する男たちの醜い顔ばかりが目に入る。
私が何よりショックを受けたのは、楽しそうに女性をバカにしている者たちの姿だ。彼らは私たちの側ではなくタリバンの側に立ち、その力をさらに強大化させている。

続きを見る

・タリバンは子供や女性の教育の権利を守ると約束したと言っているが、恐らく詭弁だろう。こうなった以上もう欧米は勿論、中露ですら介入するのを躊躇うだろうから早々にイスラム原理主義に戻り、女性の権利などいとも簡単に剥奪し、子供を搾取するのだろう。彼らには彼らの言い分があるのかもしれないが、やはり誰かの犠牲の上に成り立つ権力は間違っている。

・この国の男性が持つ価値観とは一体何なんだろう。極端なイスラム原理主義が根底にあるそうだが、人間を男女に分けて片方が片方を支配するなんて彼等の神様は本当に望んでいるのでしょうか?私は反イスラムでも先鋭的なフェミニストでもないですが、流石に理解できません。

・アメリカは男性ではなく女性を軍人として雇用すべきだった。
彼女達の自由と社会を守るために彼女達自身に戦える力を持たせるべきだった。

・アメリカ軍が撤退し始めた途端に、タリバンにいとも簡単に制圧されてしまった。タリバンてそんなに強いのか?
と言うより、それまでの政権は20年間何をやっていたんだろう。
20年の時間が有れば、アメリカ軍の力を借りて外敵から身を守る軍事力強化するくらい出来そうものだが、素人考えか?良く解らん。

・こういう記事を読んだり、twitterの飛び立つ米軍機の脚に群がる人々の映像を見たりすると、この後一体どうなるのかと胸が痛い。
でも第三国の小市民には何にもできないし、国連は無力だともう知っているし、NGOだってしばらくは入れないだろうし、見ていることしかできないのが申し訳ない。

・タリバンの上層部が、仮に女性の教育の権利を守るつもりがあっても、学のない末端のタリバン兵は、女が勉強なんてとか言って守らないのでは。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加