【悲報】アメリカさん、アフガニスタンのタリバン侵攻で中国さんとの覇権の争いに負けてしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

タリバンはアフガニスタンにおける反政府武装勢力で、アメリカが支援してきたアフガニスタン政府と対立してきた。ところが米軍がアフガニスタンから撤収すると宣言して以来、タリバンは一瞬で勢力を拡大し、まもなくアフガニスタンを制圧する勢いである。

(中略)

タリバン政府が誕生するのは、もう時間の問題だ。ここアフガニスタンが、中国寄りの、というより反米のタリバン勢力によって制圧されれば、「世界は中国のものになる」と中国は思っているだろう。米中覇権争いの天下分け目の戦いの最中に、アメリカは中国に巨大なプレゼントをしてあげたことになる。このような時代に国家のトップであるというタイミングに巡り合えたことは、習近平にとっては千載一遇(せんざいいちぐう)のチャンスだと言っていいだろう。

中国がパキスタンとの関係を「パキスタン回廊」などと呼んで緊密化させ、一帯一路の西側への回廊をつなげてきたことは周知のことだが、イランを始めとした中東諸国とのつながりにおいて、一か所だけ「抜けている地域」があった。それは正に今般米軍が撤収する「アフガニスタン」で、ここは長きにわたって紛争が続いていたので、周辺国との交易などというゆとりはなかったのである。

しかしアフガニスタンが中国寄りのタリバンによって支配されれば、アフガニスタンは完全に中国に取り込まれて、以下の地図のように「一帯一路」構想の中に入っていくことだろう。その投資の約束を、7月28日に訪中したタリバン外交使節団は王毅外相と約束したのである。

(中略)

アメリカがNATO軍を従えて20年間も支援してきたアフガニスタン政府では成しえなかったこと(=テロ組織を撲滅させて紛争のないアフガニスタンを建設すること)は、中国がタリバンと手を握ることによって成し遂げるかもしれないという未来が、目の前にやってきているということになる。

もし中国がテロ組織撲滅をやり遂げてアフガニスタンの経済復興と国際社会への復帰を成し得たならば、世界は中国の方が統治能力を持っているとみなす可能性がある。すなわち、米中の力関係は、タリバンによって逆転するかもしれないという、もう一つの「恐るべき現実」が横たわっていることになるのかもしれない。

続きを読む

タリバンとは

パキスタンの難民キャンプで教育を受けたパシュトゥーン人(→アフガン人)のイスラム神学生を中心に,1994年アフガニスタン南部で活動を開始した。同国南部から西部へと勢力を拡大し,1996年にブルハヌディン・ラバニ大統領率いるムジャーヒディーン(イスラム聖戦士)の政権を駆逐して首都カブールを制圧,国土の大半を実効支配した。

女性の通学・就労を禁ずるなど厳格なイスラム法(シャリーア)を支配地域に適用し,2001年には偶像崇拝がイスラムの教えに反するという理由でバーミアーンにある世界的な仏教遺跡バーミアーン石窟を破壊,国際社会の非難を浴びた。

2001年9月のアメリカ同時テロ事件後,事件の首謀者と目された国際テロリスト,オサマ・ビン・ラディンを庇護していたとみられ,アメリカ軍とイギリス軍の激しい空爆を受け,タリバン政権は同 2001年12月に崩壊した。その後もタリバンは,指導者ムッラー・ムハンマド・オマルのもと,アヘンの貿易を通じて得た資金などによりアメリカ軍,北大西洋条約機構 NATO軍への抵抗を継続した。

続きを読む

みんなの声








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加