玉の輿に乗った23歳女性さん、「年収2000万の商社マンと結婚した、愛は金で買える」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

「大学を卒業後、都内飲食店に正社員として就職しましたが、激務のうえ、年収260万円と薄給。一人暮らしで、月2万6000円の奨学金返済があり、貯金もままならない。私の人生はこれで頭打ちなんだと絶望しましたね」

自らスペックを上げるのが難しいのなら、結婚して上昇するしかない。それも需要のある若いうちに。そう結論づけた恵利さんは、23歳の誕生日を迎えた月に飲食店を辞め、アルバイトで生計を立てつつ伴侶探しに専念した。

(中略)

そこで恵利さんは、年収1500万円以上の40代男性に狙いを定める。さらに、付き合う相手は5000万円以上の資産を持っている人に限定した。

(中略)

厳選した結果、彼女がつかまえたのが18歳年上の現在の夫だ。男性はこれまで散々モテてきたそうだが、40歳を過ぎて結婚を焦っていたのか、交際3か月で恵利さんにプロポーズ。恵利さんが24歳のときに結婚した。

「夫は182㎝と高身長で、顔も山田孝之をシュッとしたようなイケメン。正直、彼が20代だったら、私には見向きもしなかったでしょう。性格も穏やかですし、やっぱり稼げる男性は頼もしい。そうした尊敬の念が、いずれ愛情になるんです。今では夫以外の男性は考えられないですね」_

そうのろける恵利さんは今、杉並区にある夫の持ち家で専業主婦としてセレブライフを送っている。

続きを読む

みんなの声

金の切れ目が縁の切れ目だろうなww

俺はこういう正直で頭のいい女は好感持てるな。冷静に自分の価値を試算して売りに出した結果、よい身請け先をゲットしたって話だよ。40代の高収入男性と母体も健康な20代女性だから、子供産み育てるのも最高の環境。別れても資産半分ゲット。プライドが邪魔して遅きに失した奴らがギャーギャー言っている間に、ちゃんと考えてる奴らは良い餌にありついてるんだよ。

女性ってこういう一発逆転みたいなのよくあるけども、男性はほとんど無理だよね。それなのに就職は男女平等です、何なら女性優遇しますってなんかモヤる。

「自らスペックを上げるのが難しいのなら、結婚して上昇するしかない。」ここはツッコんだら負けかな?

自分の価値への見切りの速さと判断の速さが成功につながったという話か

男女平等というのは建前で実際には女性は男性の庇護下に置かれる事に違和感を持ってないし、庇護下に置かれる事は幸せと認識してるとよく分かる。女性も働けという声はいい男を捕まえられない女の僻みから発せられるという説には説得力がある








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加