Twitter社さん、突如ツイッターのデザインを変えてしまう→これは流石に許せないクソアプデだと話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

Twitter社が1月に公開したChirpという新しいフォントが、今日から使用されるようになった。 欧米の言語のテキストが左揃えになり、スクロールしながら読みやすくなった。

配色が変更されて、コントラストはより高くなり、長らくTwitter社のイメージカラーの青色が大幅に減らされた。 Twitter社によると、この変更は共有する写真やビデオに注目を集めるために行われた。 また、新しい色も間もなく展開される。

Twitter社は、フォローボタンの外観は異なるが、実行したアクションを一目で確認するのに役立つと明言している。灰色の背景と不要な仕切り線が少なくなり、テキストを読みやすくするためにスペースを増やしたことで、使い勝手をよくして見づらさを解消したとのこと。

しかし、ネット上で TwitterのUI(ユーザインタフェース)、いわゆる Twitterを操作する上での環境について苦言を呈する声などの賛否両論の意見が多く見られたため、それらの一部を紹介したい。

Twitter社の報告内容

みんなの声

どうせ慣れたら、新しいUIの方がいいってなるだろwww

ツイッターふざけんなよww前の気に入ってたのにw








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加