【悲報】厚労省さん、「コロナはインフルみたいなただの風邪に認定するかも」→ただの風邪認定の是非が問われる賛否両論まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新型コロナウイルスの感染者の入院勧告や就業制限などに関し、結核やSARS(重症急性呼吸器症候群)以上の厳格な措置をとる感染症法上の運用について、厚生労働省が見直しに着手したことが9日、分かった。医療関係者から、感染症指定医療機関などでの対応が必要となる現行の扱いは、病床の逼迫(ひっぱく)を招く一因との指摘が出ており、季節性インフルエンザ並みに移行するかが議論の中心になる。

感染症法には、感染力や致死率などをもとに1~5類と「新型インフルエンザ等」の主に6つの類型がある。1類に近付くほどより厳しい措置がとられる。

新型コロナは現在「新型インフル等」の類型に位置付けられ、自治体や医療機関は、結核などの2類相当、あるいはそれ以上の厳格な対応をしている。具体的には、症状がない人も含めた入院勧告や就業制限、濃厚接触者や感染経路の調査などだ。

(中略)

厚労省は感染症法上の運用の変更は臨機応変に可能とし、見直し作業に着手。毎年流行するインフルエンザが対象となる5類に移行することになれば、入院勧告や感染者の隔離なども不要になり、自治体や医療機関の負担は大幅に軽減される。

続きを読む

みんなの声

コロナがただの風邪扱いになるのはそう遠くなさそうww

ファイザー、モデルナのワクチンの接種が進んで変異株も防げる解決策も見つかれば、もうインフルとかと一緒じゃんww

コロナはただの風邪とか言ってた輩が、政府のお墨付きもらうともっと調子に乗るなwww

5類にすれば医療崩壊はマシになる気がする








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加