近代五種競技でメダルが取れず監督に殴られたお馬さん→実は馬を邪魔した選手のせいという話がネットで話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

アスリートによる迷惑行為が続発している東京五輪で、今度は動物虐待の事案が起きて大きな波紋を呼んでいる。 英紙「ガーディアン」は「近代五種競技のドイツ代表監督が馬を殴ったために、東京五輪から追放された」と報じた。

ドイツ代表のアニカ・シュロイが近代五種の馬術競技の際に騎乗する馬のセントボーイを御せず暴れ出したため、同代表のキム・レイズナー監督が拳で馬を殴りつけておとなしくさせようとしている様子が映像に映っていた。

国際近代五種連合(UIPM)はこの行為を問題視。「レイズナー監督を東京五輪の残りの試合で失格とした。女子近代五種競技の馬術競技中に、シュロイが乗った馬のセントボーイをレイズナー監督が拳で殴ったように見えるビデオ映像がある。彼女の行動は競技規則に違反していると見なされた」と緊急声明を発表。動物虐待によりレイズナー監督の東京五輪からの追放が決定した。

続きを読む

ドイツ代表の監督が馬を殴ったことを受けて、ネットで話題になった意見を紹介したい。

みんなの声

馬が言うこと聞かないのは、乗ってる選手が邪魔してるからじゃないんかなあ

メダル取れないからって、馬を殴るのは害児すぎて笑ったwwそりゃあ、追放されるわw

動物愛護団体が黙ってるわけない案件だな








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加