警視庁で働く男性さん、「上司を困らせるために26万人分の免許証のデータを削除した」→困ったのは上司だけじゃないと非難殺到

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

警視庁は6日、運転免許関連の約26万人分のデータを削除したなどとして、情報管理課の男性主事(33)を懲戒免職にし、電子計算機損壊等業務妨害などの疑いで書類送検した。同庁によると、業務ミスを上司に注意されたことがきっかけで「日ごろのストレスが爆発し、上司を困らせようと思った」と話しているという。  

送検容疑は2020年12月中旬、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて運転免許証の有効期限延長の申請があった約26万人分のデータを削除して同庁の業務を妨害したとしている。2日後に運転免許本部から「データを参照できない」という指摘があり発覚。データはバックアップがあり、業務に支障はなかった。

元主事は、20年8~12月に使用権限のないIDとパスワードを使って捜査情報や人事記録のデータ約18万5000ファイルを入手し、自宅に持ち帰ったとする不正アクセス禁止法違反容疑でも書類送検された。この中には世田谷一家殺害事件の記録も含まれており、「自分の昇任試験の結果を見たくて始め、興味本位のままにやった」と話しているという。

続きを読む

みんなの声

勝手に人様のデータ削除しちゃいけないって小学生でもわかることなのに、やってて草

ストレスが爆発したらなんでも許されるわけじゃないでww他にストレス発散する方法なかったんかな

国家権力の乱用するなよww








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加