小田急切りつけ對馬悠介容疑者(36)「幸せそうな女性を見ると殺したくなった、誰でもよかった」 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

6日夜、東京・世田谷区の小田急線の車内で、乗客が切りつけられ10人が重軽傷を負った事件で、警視庁は36歳の男を7日朝、殺人未遂の疑いで逮捕しました。男は「幸せそうな女性を見ると殺してやりたいと思っていた。誰でもよかった」などと供述しているということです。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、神奈川県川崎市に住む職業不詳の對馬悠介容疑者です。

警視庁によりますと、對馬容疑者は、6日午後8時半すぎ、世田谷区の祖師ヶ谷大蔵駅近くを走っていた小田急線の車内で、20代の女子大学生を刃物で刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。

この事件では、他にも乗客の男女9人もケガをしていて、對馬容疑者は犯行後に現場を逃走し、6日夜、杉並区内のコンビニで身柄を確保されていました。

對馬容疑者と女子大学生に面識はなく、調べに対し「車内で座っている女性を殺してやろうと思い突き刺した」と容疑を認めているということです。また「6年くらい前から幸せそうな人間、主に女性を見ると殺してやりたいと思っていた」「誰でも良かった。大量に人を殺したかった」とも供述していて、警視庁が事件に至った経緯を詳しく調べています。

続きを見る

・ひろゆきの言ってた無敵の人だね、こんなのどうやって防ぐんだよ

・やっぱいつ死ぬかなんて誰にもわからないんだよな

・愛情がないままだと人間ってこうなってしまうのか、ある意味社会が歪んでいるからこんなことになったんじゃないのか

・怖いな、もうタクシーしか使わない

・どんだけ金持ちなんだよw








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加