IOCによるベラルーシのコーチの資格証剥奪が「絵に描いたような全体主義」と話題になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

東京五輪に陸上女子ベラルーシ代表として出場したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手がチーム側による強制帰国を拒否してポーランドに亡命した問題で、国際オリンピック委員会(IOC)は6日、男性コーチ2人への暫定措置として、大会参加資格証を剥奪し選手村からの退去を求めたと発表した。2人は既に退村したという。
バッハ会長は記者会見で同日「IOCは国の政治システムを変える立場にないが、選手を守る責任がある」と述べた。ツィマノウスカヤ選手が「ポーランドで安全な場所にいることは喜ばしい」と話し、同国オリンピック委員会が選手活動を支援していくとした。

記事はこちら

ネットの反応

メディアに話題になったら資格を剥奪する。IOCは全体主義の鏡だな

選手がかわいそう。日本とかも助けてあげられないのかな

ベラルーシって厳しい国なのか?

バッハ有能








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加