森喜朗元会長さん、「聖火リレーをやるのは純粋な日本人男性が良かった」→人種差別的で古風な考えだと批判殺到

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗元会長は、大坂なおみ選手を聖火リレーの最終走者にしたくなかったと、Daily Beastが報じた。 森元会長は、ニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんのような「純粋な日本人男性」を望んでいたという。

7月の開会式では、日本人の母とハイチ系アメリカ人の父を持つ大坂選手が聖火台に火をともした。 女性蔑視発言で辞任した東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗元会長は、テニス界のスターでバイレイシャルの大坂なおみ選手ではなく、「純粋な」日本人を聖火リレーの最終走者にしたがっていたと、Daily Beastが報じた。 森元会長はニューヨーク・ヤンキースや読売ジャイアンツでプレーした元野球選手の松井秀喜さんを推していたと、組織委員会の職員がDaily Beastに語った。

職員によると、森元会長は「(松井は)純粋な日本人男性で、アメリカと日本の野球界の英雄だ ── まさに闘志そのものだ」と話していた。 森元会長は、松井さんの「ゴジラ」というニックネームも聖火台に火をともす最終走者として面白いと考えていたという。 「ゴジラが炎を吐き、松井が聖火台に火をつけたら面白いだろう」と話していたと、職員はDaily Beastに語った。

組織委員会と提携している電通の社員によると、森元会長は聖火リレーの最終走者として他の候補は一切受け入れようとしなかったという。 「森会長は松井さんが良かった。会長が何かを変えたい、やりたいと思ったら、そうなるんです」と電通の社員はDaily Beastに語った。 「森会長は事実上、神の声だった」 日本人の母とハイチ系アメリカ人の父を持つ大坂選手に聖火リレーの最終走者の正式な打診があったのは、森元会長が辞任した翌月、3月のことだった。

続きを読む

BUSINESS INSIDER JAPAN

みんなの声

森の言ってることって、レイシストの老害じゃんwww

独りよがりの意見で開会式やろうとしないでほしい

森が辞めて正解だったわ