サニブラウン、2組6着で200m予選敗退…「ちょっとひどすぎますね」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

東京五輪の陸上は3日、男子200メートル予選が行われ、初出場のサニブラウン・ハキーム(22)(タンブルウィードTC)は21秒41で2組6着となり、準決勝進出を逃した。レース後は「ちょっとひどすぎますね。調子は良かったが…。自分が自分でなかったかなという感じです」と語った。

 レース中盤で上位の選手に置いていかれると、後半も伸びを欠いた。

 サニブラウンは東京・城西高2年だった2015年世界ユース選手権の100メートル、200メートルをいずれも大会新で優勝。17年8月の世界選手権200メートルでは、18歳5か月でファイナリストとなり、7位入賞を果たした。フロリダ大へ進学し、19年6月の全米大学選手権100メートルで9秒97の日本新(当時)をマーク。同年秋の世界選手権では男子400メートルリレーのアンカーを務め、銅メダル獲得にも貢献している。

 日本選手権では100、200メートルの2冠を17、19年に達成。ただ、今年6月の日本選手権兼東京五輪代表選考会では100メートル6位で代表を逃した。200メートルは左太ももの違和感で棄権したが、東京五輪参加標準記録は突破済みだったこともあり代表入りしていた。

続きを見る

・本当に陸上はわからないね、日本人初の9秒台をだした桐生氏もオリンピック内定できなかったり

・お疲れさまでした、でもまだオリンピックはあるよ若いし

・次々落ちていく日本のメダル候補。
『この競技は金メダル候補の***!この競技はメダルの独占の期待!この競技は何大会いぶりのメダルが期待できる!』
メディアの煽り方にも問題あると思う。

・日本短距離勢は全般調整不足
リレーも決勝行けるのかさえ怪しい

・コロナの混乱期によく頑張ったほうだよ、私からメダルかな








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加