吉田沙保里「選手を顔で見ている」発言に批判続出、男女逆だったら失言レベル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
吉田沙保里 Official Website

元女子レスリング選手の吉田沙保里が、7月24日に行われた東京五輪「バレーボール男子」の日本対ベネズエラ戦のオンライン観戦イベントにゲスト出演。元アスリートとは思えない発言を繰り出し、ネット上で批判の声が相次いでいる。

イベントには吉田だけでなく、元サッカー日本代表の本並健治と妻の丸山桂里奈も登場。吉田と丸山は試合を女子目線で観戦し、選手らの容姿について語り出す。そこで丸山は日本代表を「顔面偏差値が高い」と評価し、吉田も「彼氏はいません」と切り出して、「五輪なのに選手を顔で見ている」と熱弁。さらに「西田(有志)選手はイケメンです!」と自身の好みの選手についても明かした。

金メダリストらしからぬ吉田の発言が、ニュースで拡散されると、ネット上には、

《男女逆だったら失言レベルなんだろうな》
《男を顔で選んでも全然良いけど、五輪のコメンテーターで呼ばれて期待されていることは、こういう目線じゃないだろ》
《なんか吉田沙保里が受け付けなくなった。国民栄誉賞を受賞した選手なのに、その後のタレント活動が片腹痛い》
《レスリング選手を育てたらどうなんですか?》
《吉田沙保里と丸山桂里奈はアスリートの価値を間違いなく下げてる》

などと厳しい声が続出している。

国民的選手・吉田沙保里の好感度が急落した理由は?

「2012年に国民栄誉賞を受賞し、かつて国民的スターとして崇められていた吉田。しかし徐々に好感度が下がり、現在は評価が一転しています。はじまりは4連覇がかかった『リオオリンピック』で敗退し、試合後に号泣したあたりでしょうか。この姿に《見苦しい》とのコメントも相次ぎ、物議を醸しました。また、2018年に起こった女子レスリングの〝パワハラ騒動〟に沈黙を決め込んだことも大きかったでしょう。後の引退会見にてパワハラ騒動について『コメントすることは難しかった』と話していましたが、時すでに遅し。引退後、アスリートとしてではなく、芸能人化したことを良く思わない人も多いのでしょう」(芸能ライター)

元アスリートとしてのコメントを求められている場で、見当違いな発言を繰り出しては、批判を集めるのも当然。アスリートとしての活躍を見たいと願う人は多いと思うのだが…。

・これはひどい

・なんで女性は叩かれないんだよ、おかしいだろ

・この人は男みたいなもんだろ

・この人すごいのかもしれないけど芸能活動の面でファンになれない。。。

吉田だろ?
許してやれよ

・この人に関してはもう諦めてる

失言というか、これが真理だろ失言、失言言ってる奴らのほうがイカれてる

・みんな諦めてるw

アニキとか言われてた吉田がここまで落ちるとはな
何が悪かったんだ?

完全にダメでしょ
五輪報道から追放されるレベル








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加