男子走り高跳びの決勝、同じ記録で2人が金メダルを取るドラマ的展開に→2人の歓喜の姿に感動したとの声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

東京五輪の陸上は1日、男子走り高跳び決勝で2人が金メダルに輝く珍事があった。ムタズエサ・バルシム(カタール)とジャンマルコ・タンベリ(イタリア)が同じ2メートル37の記録で並び、両者に金メダルが与えられることになった。

バルシムとタンベリは2メートル37を成功させた。マクシム・ネダセカウ(ベラルーシ)も同記録を跳んでいたが、それまでの試技成功数の差で脱落。金メダルは両者に絞られたが、ジャンプオフ(優勝決定戦)を両者ともに選択せずにダブル金メダルが決まった。

続きを読む

みんなの声

1位2人いて金メダルが二人ともって聞いたことねえw、こんなドラマみたいな展開あるんやなw

一位が決まるまで、記録測って欲しかったンゴw

金メダルとった人たちって、一位が自分以外にいるの勝った気がしないだろうな








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加