女子カヌー選手さん、コンドームでカヤックを修理して銅メダルと金メダルを獲得→ライフファックだと話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

女子カヌーのオーストラリア代表ジェシカ・フォックス選手(27)がコンドームで装備を補修したことが、韓国でも話題となっている。

フォックス選手は去る27日、葛西カヌー・スラロームセンターでおこなわれた「東京2020オリンピック」カヌー・スラローム女子カヤックシングルで銅メダルを獲得した。彼女は競技後、SNSを通してコンドームでカヤックを臨時補修する映像を投稿。多数のメディアがこれを報道し、注目を浴びた。  

フォックス選手はカヤックの先端部分にコンドームをかぶせて補修。「コンドームは柔らかく丈夫で、水にもよく耐える」と説明し、「コンドームがカヤックの修理に使えるなんて知らなかったでしょう」とつづった。

続きを読む

WOW!Korea

みんなの声

コンドーム使ってメダル取るのギャグセン高くて、笑ってしまうんだがww

試合前にとっさにコンドーム使うのを思い付くってことは、この選手普段も修理に使ってるんやろうなw