【悲報】水谷選手、卓球金メダル確定で伊藤選手に抱きつこうとするも拒否される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

「東京五輪・卓球混合ダブルス・決勝」(26日、東京体育館)

 今大会から採用された混合ダブルスで、世界ランキング2位で第2シードの水谷隼(32)=木下グループ、伊藤美誠(20)=スターツ=組が中国ペアを4-3で撃破し、金メダルを獲得した。金メダルは日本卓球界初の快挙。勝利の瞬間、2人は抱き合って喜んだ。

 試合後の記者会見で、水谷は「今まで世界卓球、五輪でメダルをたくさん獲ってきたが、どれも銀メダル、銅メダルで、日の丸をてっぺんに上げられなかった。今日、日本の国旗が一番上に上がって、君が代を聴いて、アスリートとして誇りに思ったし、最高の瞬間」と万感の表情。伊藤も「表彰台に立ったとき、すごく広く見えて、大きくて、うれしかった。金メダルを持った瞬間はもうびっくりする感覚で、私自身まずミックスダブルスで金メダルを取る目標を立てていたので、すごくうれしい気持ちでいっぱいです」と笑顔で語った。

 初の金メダルに、水谷は「少し時間がたったが、まだ実感が湧かない。夢のよう。明日起きたときにそばに金メダルがあればいい」と夢見心地の様子。「昔も今も本当に中国の壁は皆さんが思っているより高くて。今まで超えられることはなかったが、今回少し活路を見いだした」と歴史的な一歩をかみしめた。

 優勝を決めた瞬間は水谷から伊藤に抱き合ったが、「本当に衝動的に、うれしすぎて、喜びを表現した形があれだったんですけど、伊藤選手はちょっと拒否気味だったのが…。抱きついて『痛い』という感じではねのけられて、ちょっとつらかった(笑)」と苦笑い。

 伊藤は優勝した瞬間を振り返り、「ヤバイという言葉が最初に出てきた。日本代表のスタッフ、コーチ、監督のうれしそうな顔を見て、ちょっともらい泣きしそうになったが、基本はヤバイって顔をしていた。びっくりみたいな顔」と話した。

続きを見る

動画 1分25秒あたり~

https://www.youtube.com/watch?v=b5xlhcr9_Qk

ネット上の声

・これは水谷かわいそう、ずっと王者独占してた中国についに勝ったんだぞ、そりゃ抱きつきたくもなるわ

・いいと思うけどなー、なんかこういうときにスマートに演技的ないのはちょっといやだ

・水谷選手かわいそう

・ドイツの選手なんて負けてからそっと女性選手の頭に手をおいてるけど受け入れてるしね

・外人選手って普通にこういうのやるよね、アメリカで妻帯者がハグとか普通にしてたし、人と人の距離が近くていい感じ

・なんで日本はこうなってしまったんだろう、よそよそしいの好きじゃない

・アメリカなんてホテルのエレベーターでたまたま一緒だった宿泊客が話しかけてくるなんて普通なのに








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加