しゃぶしゃぶ店の爆発事故、近くにいた被害者が顔面を粉砕骨折していた事が判明。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

今でも顔の痛みやしびれに悩まされ、事故の記憶がよみがえることもある。「元の体と奪われた時間を返してほしい」と心情を吐露する。
1年間、関係者が直接謝りに来ることはなかった。「私や家族は、今も恐怖や痛みと闘っていることを忘れないでほしい」。
平穏な日常が奪われたことへの悔しさは、消えることはない。

ネット上の声

・怖いなあ、やっぱそうだよな被害者がいないわけがない

・顔面骨折って相当やばいな、顔の形ぐちゃぐちゃになるし

・爆発事後って日本で生きてて早々ないからびっくりしたわ

・ちゃんと保障されないと腹たってしょうがないな

・謝りにすら来ないってどういうことやねん

・あやまったらまけってことか、どんどん海外みたいになっていくんだな

・弁護士の入れ知恵かな

・謝る=責任を認める=賠償をするってことやぞ
心の中では申し訳ないと思ってても裁判でそれ言ったら自分が不利になるだけ

もう一年前かアレ

・事故の瞬間ってマジで意識飛ぶんだな








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加