東京都の若者の7割「感染の恐怖感なし」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

先日の感染者数がついに過去最大となった東京都では30歳以下の若者の7割が「コロナウイルスの感染の恐怖感がない」と答えていた。

新型コロナウイルスの新規感染者が27日、過去最多の2848人に達した東京都では、若い世代の感染拡大が鮮明になっている。最近1週間の感染者に占める30歳代以下の割合は約7割。感染者増加の要因とみられる人出も多くを若い世代が占めており、都は危機感を募らせる。

続きを読む

危機感の薄れる一方で感染者数の数は増加傾向に

こうした記事から若者が高齢者と比べると重症化リスクの低いことや度重なる飲食店の規制で「ルール違反」を犯していると知りつつ営業を続ける店も増加していること、また東京オリンピックも開催されていることから感染者の増加傾向が続くのではないかという見解が素人判断でも容易にできてしまう状況だ。

ネットの声は

なんだかんだ言ってもオリンピック開催が一番の起爆剤じゃないの?

だから路上飲みは減らない

(感染を恐れていないのは)一部の若者だけ。私はずっと家にいます。

なんか若者を責めようとする悪意のある報道じゃないか?

恐怖ないとか言っている人後遺症とか考えてないんだろうな

たった二人の回答で「若者」とまとめるのはいかがなものか?

自分たちはいいけど周りはどうなんだ?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加