重要視されるのは35度?夏のエアコンはつけっぱなし?それともこまめに消す方がいいか?衝撃の結果が明らかになる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2021年の夏もまた猛暑の見通しで、エアコンの稼働が増えることが予想されている。経済産業省・資源エネルギー庁によると、真夏のピーク時の消費電力の約6割はエアコンが占めるといわれているため、光熱費が心配と感じている人も少なくないのではないだろうか。こうした中、パナソニックは、真夏におけるエアコンの「つけっぱなし運転」と「こまめに消す運転」の光熱費の違いについて、独自の実験結果をもとに検証し、その結果を7月9日に公表した。パナソニック独自のアルゴリズムを用いて、同じ外出時間でも外気温条件によって帰宅時の運転の消費電力が異なることに着目したシミュレーションを行った結果、外気温が35度以上の“猛暑日”のような場合は、室温が上昇しやすいため、「つけっぱなし」運転がお得。30度程度までであれば、室内温度がそこまで上がらないため「こまめに消す」運転の方が電気代の節約につながることが分かった。

続きを読む

ネットの声

知らなかった!!

35度が大事なんだな

この時期の電気代は諦めている

コロナでリモートだからつけっぱなしが多い

扇風機だけで我慢できないよね最近

こまめに消すってどのくらいなの?








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加