五輪スケートボード堀米雄斗、金メダルの瞬間父は…「銅かなんかとったんですか」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

  東京オリンピック(五輪)スケートボード男子ストリートで25日、金メダルを獲得した堀米雄斗(22)の父亮太さん(46)が取材に応じ、「とてつもないことを成し遂げてくれた」と喜びを語った。
 亮太さんはこの日、仕事を休み、午前8時半からの予選を家族とともに自宅のテレビで見始めた。
「はじめは見ていたけど、調子が良くなかった。やっぱり自分が見ているとダメだと思った。じっと見るのは性に合わなくて、『果報は寝て待て』という感じで、河川敷を自転車で走ることにした」
 予選の堀米のランを見届けたところで、自宅近くの荒川河川敷へ。日課のサイクリングを始めた。  6位で予選を突破したことを知人の電話で知ると、堀米にメールを送った。
 「不安げな表情が顔に出ている。代表なんだから気丈にしろ。もっと早川君(代表コーチ)とコンタクトを取りなさい」  返信はすぐにきた。
 「わかっているよ」
 いつも通りのやりとりだった。
 息子を信じ、決勝も見ないと決めた。優勝したら、メダルを取れなかったら……。いろいろなパターンを考えながらペダルをこぎ続けた。
 快挙を成し遂げたことを知ったのは、午後1時半すぎだった。会社の同僚から電話がかかってきた。
 「『おい、メダルだよ』と言われて、『銅かなんかとったんですか』と聞いたら、『ばかやろー、金メダルだよ』と」
 自然と言葉にならない声が出た。
「本当に勝ったんだ」

続きを読む

みんなの反応

父さん、息子を信じてるからこそ、中継見ずにサイクリングしてたのかな(笑)

よく考えてみれば、初代チャンピオンかー!これはさらに感慨深いだろうなぁ。おめでとうございます!!

自分の子供の試合を見ていられない気持ち 良くわかります。

「銅かなんか取ったんですか?」って。予選を見る限りだと、お父様の中ではあまり期待が持てなかったんだろうな。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加