【東京オリンピック】トライアスロン、スタッフのミスでボートがいるのにスタート合図をしてしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

トライアスロン男子個人が26日、東京・お台場海浜公園でスタートし、小田倉真(三井住友海上)とニナー賢治(NTT東日本・NTT西日本)が出場した。第1競技のスイムを終えてニナーが11位、小田倉が41位につけ、第2競技のバイクに挑んだ。

スイムは午前6時半に開始だったが、コース上をテレビカメラを載せたボートがさえぎり、半数近い選手がスタートしなかった。泳ぎ始めていた選手たちを引き返させて仕切り直し、約4分遅れでスタートしたが、波乱含みのレース開始となった。

トライアスロンはスイム(水泳)1・5キロ、バイク(自転車)40キロ、ラン(走り)10キロを立て続けに行い、鉄人レースとも呼ばれる。小田倉は直近の世界シリーズ2大会で16位、12位と健闘するなど、急速に力をつけている。一方、オーストラリア出身のニナーは4月に日本国籍を取得した。

続きを見る
【おもてなし】東京オリンピック トライアスロンがやはり酷い 金メダリストが嘔吐 汚い東京湾で運営の不手際で余分に泳がされる選手続出 【アスリートファースト】

ネット上の声

・これはひどい

・普通に見てわからないのかな?

・バイト君が「この時間にスタートして」って言われてそのままやっちゃったのかな








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加