女性さん、「知り合った30代コドオジの男が、家に3万入れて家事を一切やらない」→そんなおじさんは地雷だと思うとバッシングの嵐

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

「家事や自炊の大変さや面倒くささを知らない男は地雷」

結婚相手が実家暮らしかどうかは、女性にとって気になるポイントだろう。ガールズちゃねんるに7月20日、「実家暮らしの男性について」というトピックが立った。投稿によると、現在30代のトピ主は同じく30代の男性とマッチングアプリで知り合った。ただ、話しをしていく中で、実家暮らしであることを知らされ、引っ掛かりを覚えた。その男性は毎月3万円を実家に入れる代わり、掃除・洗濯・料理などの家事を全て母親にやってもらっており、「実家暮らしが悪いって訳ではないですが、家事を一切やらないのはどうですか?」と心配している。

「家庭をもったら3万円でやりくりしろと言い出しそう」投稿を見ていくと、一緒に暮らすことになったら、トピ主が家事をすべて押し付けられるのでは、と心配する声が相次いでいた。「家事や自炊の大変さや面倒くささを知らない男は地雷」「結婚したら主が彼のママ代わりになるだけなのが目に見えてる」「その話をするってことは、結婚しても家事やる気ないでしょうね。

あなたがそれが嫌なら合わないと思います」スレッドを見ていくと、家事全般の見返りが「3万円」という点にも、続々とツッコミが出ていた。「男でも女でも3万程度家にお金入れてるだけで家事しない30代は地雷だと思う」「家庭をもったら3万円でやりくりしろと言い出しそう」「家事外注して3万じゃおさまらないよ そんなおじさんやめときな」一人暮らしだと、家賃も含めた生活費は3万円ではとうてい収まらない。実家が裕福なため、先々の節税などを考えているならわかるが、金額の低さは見過ごせないポイントだ。

ちょっと古いデータ(2011年)だが、内閣府の推計だと、年間の無償労働時間(家事など対価が支払われない労働をしている時間)は男女で大きな差があった。男女どちらも働いていて、かつ既婚だという条件付きで比べると、既婚男性が284時間、既婚女性が1540時間と5倍以上も開いていた。家事・育児などの無償労働を、それだけ多く、女性が担っているということだろう。世の中がこんな状況なのに、相手がずっと実家暮らしで「やってもらう」ことに慣れきった男性なら、女性が心配するのも当然だろう。もしトピ主が「家事は平等に」派なら、結婚話をすすめる前に時間をかけて話し合って、しっかりと本音を聞き出したほうがよさそうだ。

キャリコネ

みんなの声

「実家暮らしは勝ち組だから、男からしたら嫁なんて貰わない方がいいよ。なんとなく子供が欲しいぐらいなら結婚はほんとしない方がお互いのため。」

「実家に暮らしてるのに碌に貯金すらしてない男とは結婚しない方がいいのは確か。」

「掃除に関しては自分の部屋すらしてないのならマザコンの気配があるような?独立した息子は自分の部屋は掃除してたし(部屋の床にやばいのがあったのは中学卒業まで)」

「昭和だったら実家暮らしは問題にならないし、家事さえやればせっせとお金運んでくる夫は優良物件だったけど、共働きが当たり前になって結婚観が180度変わったね。」

「賃貸業やってる連中からしてみれば実家暮らしされたら金にならんから何としてでも煽ってでも外に出したいだろう、やたらこの手の話題出すトコはソレ狙いだと思ってる」

「男は自立しないとクズ扱いだからねえ。実家ぐらしで楽な仕事してもどうせ結婚するんだからと多めに見てもらえる女性がほんと羨ましいわ。生まれ変わったら俺も女になりたいわ」








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加