都内飲食店の5割が時短営業を辞めてしまう衝撃の理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新型コロナウイルスに関する4回目の緊急事態宣言が発令中の東京都で、都の要請に従わずに午後8時以降も営業する店舗が増えている。日本経済新聞が新宿などの個人飲食店500店を調べたところ5割超の店舗が時短営業していなかった。時短協力金の支給の遅れなどが店主らの離反を招き、緊急事態宣言の実効性が薄れている。

続きを読む

時短協力金の遅れが問題か?

国や自治体から支給されずはずの協力金の遅れが最大の問題となっている。ある飲食店の例では、今年1月に申請した協力金が半年後の7月になって支給されることになったと記事では報じている。この対応の遅さが個人経営の飲食店の明暗を分けるのは言うまでもない。

ツイッターの反応

国の対応が遅いのはいけない

コロナ禍での生活が長すぎてみんな慣れてきてしまっている

お酒が飲めないのはそろそろ厳しい

終わってるな、、日本の政治








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加