【悲報】大坂なおみさん、聖火リレーのアンカーを努め炎上「鬱とはなんだったのか」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

本日20時から「東京オリンピック2020」の開会式が執り行われた、オリンピック発祥の地ギリシャ・アテネからそれぞれのランナーが聖火をつなぎ最終的に新・国立競技場に到着する。

主に日本に住む人々が聖火をつないできたが最終的に聖火台の前にテニス選手の大坂なおみ氏が登壇、これについて昨今の大坂なおみ氏の行動について異を唱える方々から賛否の声が上がっている。

うつ病なのに聖火リレーには出られるのか?

彼女自身BLM騒動に始まり様々な政治に関連した活動をしてきたが「記者会見を受けない権利」を主張し始めてから世間の批判が目立つようになる、それに対し大坂なおみ氏は「自分はうつ病である」と申告、しかしながらうつ病なのにも関わらず様々な仕事をこなす姿に議論の声が上がっているようだ。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『【悲報】大坂なおみさん、聖火リレーのアンカーを努め炎上「鬱とはなんだったのか」』へのコメント

  1. 名前:ちゃこ 投稿日:2021/08/01(日) 11:48:19 ID:6b355486e 返信

    私は大阪なおみが大ッキライ我がままな意地悪聖火台に居たときがっかりしてテレビ消した