宮根誠司氏、猛暑下のリポーターに「お前に言うてんねん!」と強く当たり、ネットから大バッシングを受けてしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

7月23日、宮根誠司(58)がMCを務めるワイドショー『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の放送内容について、「宮根誠司の “パワハラ” では?」という声がネットで多く上がった。

 番組では、東京五輪の開会式を目前に控えた国立競技場について報じた。現地に赴いた西山耕平リポーターは、競技場の上空を飛んだブルーインパルスを一目見ようと多くの住民が押し寄せたことや、夕方から交通規制がおこなわれることなどをスタジオに伝えた。
「西山リポーターは、ブルーインパルスが競技場を通るときに “一瞬、静寂が訪れた” と現場の様子について語っていましたが、宮根さんは『いや、意味がわからん』と一蹴。ブルーインパルスの登場に人々が “息を呑んだ” ことが、きちんと伝わったと思うんですがね……」(テレビウオッチャー)
 その後も宮根は、西山リポーターの発言について、執拗に攻め立てた。「結局、西山リポーターはしどろもどろになってしまい、スタジオ陣も茶化す様子で、宮根さんは『笑いの金メダル第1号をあげます』と発言。
 猛暑下での取材と宮根さんの言葉で頭が真っ白になってしまったのか、その後、スタジオからの質問に受け答えできずにいると、宮根さんは『いやお前に言うてんねん!』と語気を強めました。
 これについて、『猛暑のなか取材に行ったリポーターをいじめるな』という声が上がったのです」(前出・テレビウオッチャー)

続きを見る

みんなの反応

宮根氏は昔からレポーターには自分が聞きたい事以外は発言させたくないかのように誘導するクセがありますね。いつも見ていていい感じはしないです。

この人こんなの今に始まった事ではないですよね。
面白いと思って突っ込んでるつもり?
コメンテーターやレポーターが話しているのに生返事だったり話の腰を折ったり。
みていて不快。

気象予報士の蓬莱さんに対してもいつも威圧的で見ていてしんどくなります。

毒舌とか、10年前の流行り。もう時代遅れです。

品がなさすぎる。
猛暑の中、リポーターは頑張ってその場の状況を伝えただけ。一度、猛暑の中でリポートしてきてくれ。不愉快すぎる。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加