東京五輪でニュージランドに初戦で負けた韓国代表さん、握手を断る→サッカーで負け、マナーでも敗れたと煽られる声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

東京五輪サッカー男子のグループリーグ初戦が22日に各地で行われ、B組の韓国はニュージーランドに0-1で敗れた。シュート数、ボール保持率で圧倒しながら黒星発進となったなか、母国メディアは試合後、両選手が健闘を称え合う中で韓国MFイ・ドンギョンがニュージーランドの選手から差し出された握手を拒否したシーンを引き合いに「サッカーで負け、マナーでも敗れた」と非難している。

キム・ハクボク監督率いるグループBの韓国(FIFAランキング39位)は、初戦でニュージーランドと対戦。FIFAランキング122位の相手に対し、オーバーエイジ枠のFWファン・ウィジョ(ボルドー)、MFイ・ガンイン(バレンシア)らを揃え、立ち上がりからボールを保持し相手ゴールに迫ったものの、スコアレスのまま前半を終える。  

後半も優位に試合を進めていたが同31分、ニュージーランドにワンチャンスをものにされる。自陣ゴール前でミドルシュートを撃たれ、そのボールが韓国のDFチョン・テウクに当たったこぼれ球を拾ったFWクリス・ウッド(バーンリー)が右足でフィニッシュ。最初はオフサイドと判定されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりゴールと認められ、これが決勝ゴールとなった。  

シュート数12対2と、ボール保持率でも63%対37%と圧倒しながらもまさかの黒星発進となった韓国。この結果に、母国メディアでは落胆の報道が相次いだなか、「朝鮮日報」紙は試合後、両選手が健闘を称え合う中で韓国MFイ・ドンギョンがニュージーランドの選手から差し出された握手を拒否したシーンを非難している。

同メディアは「ニュージーランド選手の握手要求を無視……。サッカーで負け、マナーでも敗れた」と見出しを打ち、「スコア以上に残念なシーンが試合後に出てきた。ニュージーランドのウッドは試合後、イ・ドンギョンに握手を求めた。しかし、イ・ドンギョンは握手を無視した。ウッドは悪戯っぽく笑った。もちろん、満足のいかない結果に不満を抱き、握手をする余裕がなかったのかもしれない。しかし、世界中のアスリートが結束と友情を築くオリンピックの舞台で見せる振る舞いではなかった。いろいろな意味で打ちのめされた一日だった」と、問題のシーンを指摘している。  

世界中が注目し、平和の祭典とも言われている五輪。その大舞台で、不評の種を作るような行為を見せた母国選手の振る舞いを、メディア側は見過ごさなかった。

Football ZONE web編集部

みんなの声

「韓国は初戦に負けてしまったから悔しいくて仕方ないんだろうなぁ。しかも一番ラッキーなグループなのに。まぁ1点も取れなかったから僻みたくもなるかw日本ばかりに目を向けないで自分達のグループの国に目を向けないと次戦も負けてしまうよ。」

「何を言おうとも日本はきっちり勝ち点3を取り、韓国は格下と偉そうに見下しているが、実力がないから負けた。
その事実は変わらない。これは野球も色々言ってきそうですね。もっと栄養のあるお弁当食べさせてあげたらどうですか?あなた方は日本の食事を食べる資格もないような酷いことを言ったのですから。本当はオリンピックに出場する資格も品格もないのに試合が出来ているだけ日本に感謝してもらわないと。」

「他の方のコメントの通りですね。他国のチームを評論なんてしなくていいと思います。それとも日本のことを心配してくれてるのかなと思うほど、場違いな論評ですね。」

「決定力不足の韓国、ニュージーランドの一撃に泣く」

「自国のチームの事を棚に上げてよく言えるなあ、どっかのチームはランキング122位のチームから1点も取れないうえに逆に1点取られて負けてるという、笑かすな。」

「ニュージーランド代表に怪我人が出なくて良かったです。ルーマニア、ホンジュラスの選手も気をつけて下さい。健闘を祈ります。」

「日本の勝利がおもしろくないとよ~くわかりました。そちらの反応見ると本当に今日は勝ってよかったです。」

「いやいや今回は審判とかもそうだけどコロナ感染濃厚接触者と試合したんだぞ?本来なら南アフリカ選手は2週間隔離させなきゃならない。日本は普通ならまともにボディタッチや近くにいる事すらしたくないはず。お陰でまともに日本がサッカーできる精神状態じゃいはずなのに勝ったのだよ日本は。隣国さんの記事が決定力不足だよ。」








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加