オワコン認定されたクラブハウスが遂に招待制をなくして、誰でも使えるように→これでもっとシェア伸ばすのではとの声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




ソーシャル音声プラットフォームの「Clubhouse」を運営する米Alpha Explorationは7月21日(現地時間)、これまでClubhouseへの入会に必要だった招待制を終了すると発表した。順番待ちの約1000万人が段階的に入会できる見込み。

共同創業者のポール・ダヴィソン氏とローハン・セス氏は公式ブログで、ジェットコースターのような12カ月を経て、次の章を開けると発表できて嬉しいと語った。立ち上げ当時、わずか8人のチーム(現在は58人)だったClubhouseにとって、招待制はスケーリングのための重要な方法だったとしている。

1日当たりの「ルーム」の数は1月時点では5万だったものが、現在は50万になり、平均的なリスナーは1日1時間以上Clubhouseにアクセスしているという。また、5月中旬にAndroidアプリを公開してから1000万人が参加した。  7月14日にはDM(ダイレクトメッセージング)機能の「Backchnannel」を追加した。既に累計9000万件のDMが送信された。  

「規模を拡大するにつれ、大手との競争は激化するだろう。だが、未来は楽観主義者が生み出すものだとわれわれは信じている」という。同社はまた、Clubhouseの正式ロゴを作成し、公式サイトを開設したことも発表した。

ITmedia NEWS

みんなの声

「いずれ終わると思っていたけど、早かったですね。文字と違って言葉は恥ずかしいと思う人も多いし、そもそもリスニングはリーディングよりも難しい。スピーキングはもっと難しい。この状況で英語圏メインのプラットフォームが日本に入って残っていけるのか甚だ疑問です。それよりも日本国内のプラットフォームが、もっと活発になった方が良いと思う。」

「そういえば昔のmixiも招待制だったっけ。」







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『オワコン認定されたクラブハウスが遂に招待制をなくして、誰でも使えるように→これでもっとシェア伸ばすのではとの声まとめ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2021/07/22(木) 13:55:01 ID:43963c22a 返信

    初期の宣伝で大失敗したからねぇ