中国が時速600キロのリニアを公開→「高速鉄道の事故を思い出して、心配になる… 」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




中国国有の鉄道車両大手、中国中車集団は20日、設計速度が時速600キロに達するリニアモーターカーを発表した。中国の独自技術で開発したとしている。実際に600キロで試験走行する時期は不明だ。
5両編成で1両につき100人超が乗れる。最長で10両編成を想定している。これまでも車両を公開したことがあるが、今回は制御関連システムを含めて完成したと強調している。  中国は高速鉄道網が急速に拡大し、一部は時速350キロで営業運転している。上海ではドイツの技術を導入した時速430キロのリニアも2002年末に開通した。

続きを見る

 

みんなの意見

今後は日本と中国、どちらが先に時速600キロ超えのリニアを本格操業できるか焦点になりそう。

高速走行を行う事はそれほど難しくは無い。難しい事は安全に止める事。
ただ高速走行出来たと言う事に恐ろしさを感じる。

世界中に学生を留学させて、
優秀な技術者・研究者を厚待遇で世界中から集めている。
技術や科学への投資は凄いわ。

以前の中国での高速鉄道の事故を思い出して、心配になる。
あの時に、ろくに現場検証などの原因究明をせずに、証拠隠滅する様に埋めようとしてたのを見て、中国という国の隠蔽体質に恐怖を感じたのを思い出します。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加